「食べ過ぎ」が体の疲労を生み出す?

糖分がたくさん入った甘いものは、血糖値を急激に上げることが知られています。その時は集中力が上がるかもしれませんが、作用は一時的。体は急激に上がった血糖値を下げるため働きます。そのため、血糖値が下がりすぎて低血糖の状態になり、体のだるさ、集中力のなさ、無気力、いらいらなどを起こします。

リンク: 胃腸もグッタリ!? 食べすぎが疲れを招く [疲労回復法] All About

食べ過ぎると、毒出し反応として、発熱など風邪と同じ症状を出すと言われています。また、血液中に老廃物が溜まり、それにウィルスがつきやすくなって風邪を引くという説もあります。

リンク: 2/2 胃腸もグッタリ!? 食べすぎが疲れを招く [疲労回復法] All About

糖分・お肉を食べて疲労回復は「食べ過ぎ」で逆効果に

疲れたとき、糖分を摂って血糖値を上げれば元気になるとか、お肉を食べてパワーをつけようという人、結構いますよね。実は、それが逆効果になることも。今回は食べすぎが招く慢性疲労についてのお話です。

出典: 胃腸もグッタリ!? 食べすぎが疲れを招く [疲労回復法] All About

しかも、食べ過ぎは「寿命」を縮めてしまう

同い年のはずなのに、「見た目年齢」に差があるのはなぜなのか。この違いは「細胞の老化度合い」がもたらしていると考えられます。では、このような細胞老化スピードの差はどのようにして起こるのでしょうか?

リンク: 食べ過ぎがNGな理由を学術的に解説しましょう [肥満・メタボリックシンドローム] All About

寿命の回数券「テロメア」が尽きていく

「私、なんとなく同級生より老けているような気がする」。たしかに第三者的な目で見ても、同い年には見えないと思ってしまうこともありますね。この差はどこから生まれるのでしょうか? 2匹のサルの実験から、「食べ過ぎ」が老化を早めてしまうことがわかりました

出典: 食べ過ぎがNGな理由を学術的に解説しましょう [肥満・メタボリックシンドローム] All About

わたしたちがつい食べ過ぎてしまう理由

脂肪・砂糖・塩のトリオは脳内の快楽領域を刺激するので、薬物中毒と同じようなものです。ただひとつ、根本的に違うのは、食べ物にはアルコールや薬物のように完全に「断つ」選択肢がないことです。誘惑にさらされつつ生きるために食べなくてはなりません。

リンク: 「やめられない止まらない♪」食べ過ぎの誘惑 [糖尿病] All About

「意思の力」では止められない?無意識が生み出す食べ過ぎの怖さ

手と口は無意識にも動くのです。これにブレーキを掛けるのは、強い意思の力が必要なのではなく、ちょっとした周囲の状況を変えるのが一番いいという論文があります。食べることは私達のコントロール下にあるように思えますが、人間はそんなに誘惑に強くないようです。

出典: 「やめられない止まらない♪」食べ過ぎの誘惑 [糖尿病] All About

食べ過ぎ防止の方法は

現役脳神経外科医が実践する、食べ過ぎ&飲み過ぎを防ぐ3つの方法

(1)飲み会前に食事を済ませておく
(2)水をたくさん飲む 
(3)人の食事を取り分ける
外食時、特にお酒の席で食べ過ぎてしまうのは、酔っ払って気が大きくなってしまうのが原因。先に食事を済ませておくことで、酔いにくくなり、胃の負担も減ります。

出典: 現役脳神経外科医が実践している、食べ過ぎ&飲み過ぎを防ぐ3つの対策 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

自宅での食事で食べ過ぎを防ぐには

(1)お茶碗を小さくして、食べる量を自覚する
(2)安いからといって、食材を買い込まない
All Aboutガイドでもある管理栄養士の平井さんは、上記の点から意識すると良いとアドバイスしています。

出典: 食べ過ぎてしまう人はメタボ一直線! この悪しき習慣をやめるには? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)