ただ何となく「仕事に行っている」という意識ではNG!

目標・目的を持つだけでやる気が高まる

やる気を維持する方法をテーマに、3回に渡って連載していきます。何かを始める前には、やる気がおきないのが当たり前なのです。しかし、むやみに焦る必要はありません。要は、モチベーションを維持するためにメカニズムを知ることが必要だということです。

出典: 目標・目的を持つだけでやる気が高まる [キャリアプラン] All About

ブラック企業ほどやる気にあふれた奴が多い?

日本能率協会の調査によると、30、40代において「仕事にやりがいを感じられない」と答える人が過半数と、他世代よりも割合が高いとのこと。最も働き盛り世代のはずなのに、切なすぎる結果ですね。しかし、ブラック?と呼ばれるキツめの企業で働く人ほど、やる気に満ちていて残業や休日出勤にも積極的。その要因はどこにあるのでしょう。

出典: ブラック企業ほどやる気にあふれた奴が多い理由 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

給料アップがやる気上昇には本当に必要?

「仕事のやる気が起こらないのは、給料のせい」と思っている人は多いですよね。でも、本当の理由はもっと別のところにあるのでは? 自分の努力によって状況を変化させることができなくなると、「無力感」が学習されてしまい、いくらお給料が上がっても関係なくなってしまします。

出典: 給料がアップすれば、やる気は起こるのか? [ストレス] All About

足りないものを何とかする「欠乏動機」からやる気上昇?

少し前から言われていることのひとつに、「ハングリー精神の欠如」があります。今、自分に足りていない物を何とか自分のものにしようという気持ちに由来するモチベーションで、心理学用語では「欠乏動機」と言われますが、これがあるかないかで、まったく変わってきます。

出典: 不足からやる気が生まれる「欠乏動機」が減っている? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

会社の「評価制度」が社員のやる気と業績を下げている?

「社員のやる気を向上するためには評価制度は不可欠であると考えている企業がほとんどということだと思います。ただ数年前から、社員のやる気を失わせ、業績を下げる原因になっていると一部で言われるようになってきています」と、ユニティ・サポートの小笠原隆夫さん。どういったことなのでしょうか。

出典: 会社の「評価制度」が社員のやる気を失わせて業績を下げているという話 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)