ジョジョの奇妙な冒険・第1部の名言

ぼくは本当の紳士をめざしているからだ!

負けると分かっていても女の子のために立ち向かうジョナサン・ジョースターが言った言葉です。勇気をもらえますね!

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ぼくには指4本など失ってもいい理由がある!

ジョナサン・ジョースターは、父親やジョースター家を守るために戦っているんだと戦う動機を言う場面での名言。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

おれは人間をやめるぞ! ジョジョ——ッ!!

ディオ・ブランドーがジョナサン・ジョースターに向けて放った名言。ジョジョの奇妙な冒険の中でもインパクトの大きい言葉です。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (2) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ぼくの青春はディオとの青春! これからその青春に決着をつけてやるッ!

ジョナサン・ジョースターがディオ・ブランドーとの戦いへ決意を新たにした場面での名言。戦いを「青春」と表現しているところが素敵ですね。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (2) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?

ウィル・A・ツェペリの「きさま———いったい何人の生命をその傷のために吸い取った!?」という質問に対するディオ・ブランドーの答えがこのセリフ。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (3) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

「勇気」とは 「怖さ」を知ることッ! 「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!

ウィル・A・ツェペリが放った名言。「勇気」とは 「怖さ」を知ることなんてなかなか言えませんよね。ツェペリの言葉はやはり胸に響きますね。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (3) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

あんた いつまでも… 大人になってもひとりじゃなんにもできない方が もっとこわいとは思わないの?

「一番こわいのはこの痛みなの?痛いのってこわい?」という問いに対する答え。ストレートな言葉が胸に突き刺さります。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (4) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

神がいるとして運命を操作しているとしたら!おれたちほどよく計算された関係はあるまいッ!

ディオ・ブランドーの名言。ジョジョとディオの関係性をよく表した言葉です。表現の仕方がかっこいいですね。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (5) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ジョジョの奇妙な冒険・第2部の名言

わたしは後悔していない…醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい…

吸血鬼になり若返ったストレイツォからは、充実感を得られるならば地獄行きでも構わない、後悔しないという驚きの名言。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (6) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

友人が殺されたのだッ! 目のひとつぐらいでへこたれるかッ!!

シーザー・アントニオ・ツェペリの決意の一言。目を怪我してもなお立ち向かうシーザー・アントニオ・ツェペリの姿はかっこよすぎます!

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (7) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう

ワムウの名言。ジョジョの奇妙な冒険の名言の中でもぜひいろんな人に知ってほしい名言の一つです。ワムウ、しびれる!

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (8) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!

どんなに卑怯な敵だろうと善悪抜きにして生命には敬意を払うジョセフ。生命について改めて考えさせられます。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (9) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

一緒に戦ってくれ!シーザー!

シーザーの形見を手に言った「一緒に戦ってくれ!シーザー!」。ジョセフが大切な戦いの前に言った名言です。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (11) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ジョジョの奇妙な冒険・第3部の名言

さあな…そこんとこだが おれにもようわからん

「なぜおまえは自分の命の危険を冒してまでわたしを助けた…?」という花京院典明の問いに空条承太郎が答えた名言。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (13) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

おれは「恐怖」を 克服することが 「生きる」ことだと思う

ディオ・ブランドーの名言。そのあとに「世界の頂点に立つ者は!ほんのちっぽけな「恐怖」をも持たぬ者ッ!わかるかエンヤ婆?」と続きます。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (14) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

すべてはッ おのれの弱さを認めた時に始まる

ラバーズが言った名言。ジョジョの奇妙な冒険を知らない人にも知ってほしい言葉です。いろんなことを考えさせられる、心にずしっとくる言葉ですね。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (18) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

触れてはいけない物というのは 触れてしまいたくなるものね

バステト女神のマライアのたばこを吸いながらの名言。触れてはいけないものは触れたくなるとは深い言葉ですね。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (21) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」という、衝撃的な出来事に出合ったポルナレフのセリフは有名。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (27) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる

そのあとに「名声を手に入れたり 人を支配したり 金もうけをするのも安心するためだ結婚したり 友人をつくったりするのも安心するためだ人のために役立つだとか 愛と平和のためだとか すべて自分を安心させるためだ安心を求める事こそ人間の目的だ」と続きます。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (27) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ジョジョの奇妙な冒険・第4部の名言

人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でおまえの能力はこの世のどんなことよりもやさしい

承太郎が仗助に言った名言。「この世のどんなことよりも優しい」と仗助の修復する能力について承太郎が表現した言葉です。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (29) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

「ブッ殺す」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。

「なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と語るプロシュート兄貴の名言。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (52) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

突っ切るしかねえッ!真の「覚悟」はここからだッ!「ピストルズ」!てめーらも腹をくくれッ!

ミスタの「覚悟」がひしひしと伝わってくる名言。ミスタの戦いへのいろんな覚悟が伝わってきますね。ミスタ、かっこよすぎる!

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (55) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

ひるむ…と!思うのか…これしきの…これしきの事でよォォォォオオオオ

攻撃でボロボロなときに放ったナランチャの名言。かっこよすぎます!ジョジョファンであれば1度は言ってみたいセリフ。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (57) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

これは「試練」だ。過去に打ち勝てという「試練」とオレは受け取った

ディアボロの名言。ディアボロのように物事を過去に打ち勝てという「試練」と考えるのは、人生の上で大切な考え方かもしれません。

出典: Amazon.co.jp: ジョジョの奇妙な冒険 (61) (ジャンプ・コミックス): 荒木 飛呂彦: 本

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項