2015年度が「買い時」と言われる主な理由

住宅ローンの金利は最低水準が続いている

返済中ずっと金利が固定される住宅ローン【フラット35】の金利は、史上最低水準にあるといわれています。最もよく利用される、返済期間21年以上35年以下で融資率9割以下の場合の金利の推移を見ると、2015年2月の金利を史上最低に、最低金利は1.8%以下の横ばいが続いています。

出典: 住宅金融支援機構

住宅ローンの金利タイプとは?

低金利を賢く使うには、住宅ローンのタイプを知ること

住宅ローンのタイプは、大きく分けて「全期間固定金利型」「固定金利期間選択型」「変動金利型」があります。低金利を活用しつつ、無理のない返済をするには、自分のライフプランにあった金利を選ぶことが大切です。

出典: 住宅ローンの金利の種類 [住宅ローンの借入] All About

住宅ローンの固定金利型と変動金利型、どっちがいい?

今の低金利を上手に活用しながら、将来の金利上昇リスクに備えることも、住宅ローンを選ぶ大切なポイントです。固定金利型と変動金利型のそれぞれに合うタイプの解説を参考に、自分に合う住宅ローンを選ぶようにしましょう。

出典: 変動金利と固定金利、どちらが正解? [住宅ローンの借入] All About

全期間固定金利型の住宅ローン【フラット35】のメリットは?

金利は上がったり下がったりしますが、低金利が続く今は金利の上昇リスクを回避することがポイントです。「全期間固定型」の住宅ローンなら、低金利のうちに全期間金利を固定できるというメリットがあります。

出典: 【フラット35】とは:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

【フラット35】を借りた人に聞く

選んだ理由は?夫たちが語る住宅ローン選び

住宅ローンの金利タイプや借りる金融機関を選ぶのは、簡単なことではありません。住宅ローンを借りた夫たちは、実際にはどのように選んでいったのでしょうか?

出典: 先輩に聞く!リアル体験談 ~男子会編~:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

本音が出る!妻たちが語る住宅ローン選び

家事や子育てで家にいる時間が長い女性のほうが、住宅選びの決定権を持っていることも多いのですが、妻たちは住宅ローンについてどう考えているのでしょう。

出典: 先輩に聞く!リアル体験談 ~女子会編~:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

税金控除や公的支援など活用する

住宅ローン控除の拡充とすまい給付金で増税分が戻る

消費税率が8%に増税され、住宅取得の際の負担が増えることを軽減する措置として、「住宅ローン控除」の控除額が拡充されるとともに、一定の所得以下の人には「すまい給付金」が支給されます。条件によってはかなりの額が戻る場合も。

出典: 消費税増税後に使える、住宅ローン控除とすまい給付金 [ふたりで学ぶマネー術] All About

最大45万ポイントの「省エネ住宅ポイント制度」が復活

政府が取り組む住宅取得支援政策として、かつて実施された住宅エコポイントの復活といえる「省エネ住宅ポイント制度」が創設されました。ポイントをもらうには、2015年11月30日までにポイント発行の申請をする必要があります。

出典: まだ間に合う?「省エネ住宅ポイント制度」 [不動産売買の法律・制度] All About

親から住宅取得資金の援助を受けても非課税に

若い世帯が住宅取得をする際に、親から資金援助を受ける事例が増えています。2019年6月までの資金援助であれば、非課税枠が用意されています。2015年の援助なら高品質の住宅では1500万円、一般の住宅でも1000万円ですが、以降は非課税枠が減っていきます。

出典: 住宅資金贈与の非課税拡大 どんな人がいくらまで? [注文住宅] All About