タイでおすすめの”定番エリア”

バンコク

比較的治安が良いバンコクは、タイを初めて訪れる人も安心です。そのバンコクで一度は訪れたいのが「エメラルド寺院」などの3大寺院ですね。バンコク中心部では、ショッピングやグルメを楽しむことができます。観光で歩き疲れたら、タイ古式マッサージで癒されるのもおすすめです◎

出典: バンコク旅行のモデルコース [バンコク] All About

プーケット

「プーケット」は、タイを代表するビーチリゾートです。 タイ南西部・アンダマン海に浮かぶタイ最大の島で、「アンダマン海の真珠」とも呼ばれる南国の楽園です。島には10以上ものビーチが点在しており、ほとんどの人気スポットは西岸のビーチに集中しています。海だけでなく、ショッピング・グルメ・ナイトライフまで一日中楽しむことができます。

出典: プーケットのビーチ・エリアガイド [プーケット] All About

タイでおすすめの”ビーチリゾート”

クラビ

「クラビ」は、大自然を満喫することができるビーチです。切り立った岩山や洞窟・鍾乳石のプールなど、神秘的な自然美を思いっきり堪能できます。プーケットなどと比べると賑やかな繁華街もなく、静かで物価が安いのも嬉しい魅力◎。天然温泉もあり、水着を持参すれば誰でも入浴可能です。

出典: クラビ [タイ] All About

カオラック

カオラックの最大の魅力は、シミラン諸島のダイビング拠点であるということ。9つの美しい島々からなるシミラン諸島は、世界有数のダイビングスポットです。マンタやジンベイザメとの遭遇率が高く、多くのダイバーを魅了してやみません。ダイビングを楽しみたい方には、おすすめのビーチです。

出典: カオラック [タイ] All About

ホアヒン

「ホアヒン」は、地元民に人気があるビーチリゾートです。タイ王室の避暑地として発展したため、上品で落ち着いているのが特徴です。ギラギラしたネオンもないので、家族連れに好まれています。リラックスした時間を過ごすことができるので、リピーターになる人が続出しています。

出典: ホアヒン [タイ] All About

タイでおすすめの”自然が残る秘島”

サメット島

「サメット島」は、バンコクから一番近い秘島です。大きなレストランやデパートはなく、ひたすらのんびりと過ごしたい人におすすめです。島の最大の魅力は、美しい海と白い砂浜。バンコクっ子たちの週末の安らぎの場としても知られています。

出典: サメット島 [タイ] All About

サムイ島

そのままの自然に囲まれた秘島「サムイ島」。他のビーチと違って、日本の夏休み頃にベストシーズンを迎えます。どこのビーチよりも、ロマンチックなリゾートホテルが多いのも特徴です。2人の世界を大切にしたいカップル旅行やハネムーンにピッタリです。

出典: サムイ島 [タイ] All About

チャーン島

まだ日本人には知られていない島「チャーン島」。プーケットに次いで、タイで2番目に大きな島です。島の7割以上は、豊富な原生林で覆われています。海はもちろん、象に乗りながら熱帯雨林の中をトレッキングすることもできます。途中で滝に立ち寄りって、泳ぐのも楽しいですよ。

出典: チャーン島 [タイ] All About

ヤオ島

プーケットとクラビの中間に位置するのが、2つの島「ヤオ・ノイ島」と「ヤオ・ヤイ島」です。2つの島のうち、北側にある「ヤオ・ノイ島」が「ヤオ島」と呼ばれています。プーケット周辺では最も大きな島で、底辺10km・高さ12kmの三角形をしています。ありのままの自然がタップリ残っているので、タイの素朴な日常を体験できます。

出典: タイの秘密の島にステキなリゾート発見その1 チャン島とヤオ島 [タイ] All About

ラチャ島

「ラチャ島」は、プーケットの南端・シャロン湾から船で約25分の場所に位置します。「ラチャ・ヤイ」と「ラチャ・ノイ」の2つの島からなる「ラチャ島」の周りには、沢山のダイビングスポットがあります。その美しさは、ダイバー憧れの地・シミラン諸島に次ぐとも!シュノーケリングなどのスローペースな島暮らしを満喫できます。

出典: タイの秘島にステキなリゾート発見その2 サメット島とラチャ島 [タイ] All About