おすすめの250ccバイク、最新版はこちら!

【2016年】250ccバイクのおすすめ15台&試乗レポート

各メーカー250ccバイクのリリースに力を入れています!人気の250ccバイク。本当におすすめの250ccバイクはどの車種なのか?250ccバイクのメリット、デメリットは?年間40台以上のバイクに乗るガイドがお勧めのポイントと車種をご紹介します

出典: 【2016年】250ccバイクのおすすめ15台&試乗レポート [バイク] All About

その名もニンジャ!カワサキの世界戦略モデル

カワサキ・ニンジャ250

バイク人気が250ccから大型へ移行した時期に、あえてニンジャは大型クラスから250ccに新型モデルを投入しました。斬新なスタイリングに喜んだファンも多いはず。250ccの入門車としても操作性、機動性が良く、女性でも十分日常の足として使えます。

出典: 2/2 中古バイク購入ガイド【カワサキ ニンジャ250編】 [中古バイク] All About

実際に乗ると軽さとパワーのバランスが取れており、必要にして十分なサイズ、乗り心地で、購入したユーザーの心を満足させているというのが現状です。人気があってリセールの価格も安定しているので、大型へステップアップの足がかりにもなるでしょう。色々な側面から見て、今、広い層に受け入れられている250cc新時代を切り開いたのがニンジャ250なのですね。

リンク: 中古バイク購入ガイド【カワサキ ニンジャ250編】 [中古バイク] All About

2015年モデルはクラッチが軽くなり、女性にもより扱いやすくなりました。

ヤマハ・WR250Xはフラッグシップモデル

ヤマハ・WR250X

ヤマハのシングルエンジンの歴史を受け継ぐWR250X。メインフレームに高級鍛造アルミを使用したり、高出力エンジンを搭載したりとスペックのグレードが上がりました。まさにヤマハを代表するバイクです。

出典: 2/2 250ccのフラッグシップマシン wr250x試乗レポート [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

31ps/10000rpmを出力する水冷4ストローク・単気筒DOHC4バルブエンジンは名機と言っても過言ではなく、WR250Xはこのエンジンユニットありきの車両であるといえます。

また、これだけの高スペックエンジンを搭載しながら、車重はたったの134kg。軽量でハイパワーである為、実際の馬力以上のパワーを感じることが出来ます。

リンク: 250ccのフラッグシップマシン wr250x試乗レポート [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

林道を軽快に疾駆するトレールモデルながら、通勤に使っても乗りやすいマルチなフィーリングを持ちます。

帰ってきた名機!ホンダ・CBR250R

ホンダ・CBR250R

常に時代を捉えながら、モデルチェンジを続けて進化してきたCBR250R。生産中止となってしばらくたった2010年には、単気筒として復活。通勤にも快適な乗り心地を約束するスポーツバイクの真骨頂!

出典: 2/2 時代と共に進化した新しいCBR250R [HONDA(ホンダ バイク)] All About

公道で走る際に排気量が400ccオーバーの車両の場合、常に高回転を維持しながら走るのは難しいのですが、排気量が250ccのMC41の場合、積極的に7000回転前後のパワーハンドを使いながら走ることが可能です。特にワインディングなどでは、車重も軽いため、気持ちよく走行することが可能です。車体が軽いメリットはコーナリング時などだけではなく、もちろんブレーキング時や加速時にも大きな影響を与えています。

リンク: 2/2 時代と共に進化した新しいCBR250R [HONDA(ホンダ バイク)] All About

これまでの単気筒バイクのイメージを変えたCBR。スポーツバイクの入門としても最適です。

車格は400cc並みのスズキ・GSR250F

スズキ・GSR250F

GSRは250ccながら、ロングツーリングに向く重厚感を持ち合わせます。それでいて日常の通勤にも快適!1430mmと長いホイールベースは、直線ではどっしりと安定しています。

出典: 2/2 スズキ GSR250F 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

若い人のバイク離れが進んでいるといわれていましたが、Ninja250RやCBR250Rなどエントリーユーザー向け車両がリリースされたことによって、少しずつ若い人がバイクに興味を持つようになってきたといわれています。

GSR250Fはそんな中でも最もエントリーユーザー向けの車両と言えます。

リンク: 2/2 スズキ GSR250F 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

ライディングポジションも無理がなく、都心の通勤にも快適な走行を楽しめます。

通勤にも使えるオフロードバイク、ヤマハ・セロー250

ヤマハ・セロー250

セローは十分地面に足が届くので、背が低い人でも安心です。オフロードタイプながら、街中で乗っても軽快な走行が楽しめます。チューブレスタイヤ、泥撥ねしにくいフェンダーなど、街乗りに向いた仕様になってます。

出典: 2/2 ヤマハ セロー250 一週間通勤試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

エンジンは単気筒・4ストローク・SOHC・2バルブエンジンを搭載し、最高出力は18ps/7500rpmと決して突出したスペックのエンジンではありませんが、軽量なボディを走らせるには充分なスペックで加速に不満を持つことはありません。街中の信号待ちでも他の車両においていかれることはありません。

リンク: 2/2 ヤマハ セロー250 一週間通勤試乗インプレッション [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

リッターあたり33.5キロと燃費も良く、トレイルモデルながら街中の走行にも合う工夫もされています。

価格も魅力なホンダ・フォルツァ250Si

ホンダ・フォルツァ250Si

フォルツァ250Siはスクーターの初心に帰るモデルです。あまり使わないオプションを抑え、必要最小限の装備、低速でも高速でもキビキビ走る便利、とスクーター本来の姿に戻りました。価格も50万円台前半と抑えています。

出典: 原点回帰と進化を感じるビッグスクーター FORZA Si [HONDA(ホンダ バイク)] All About

ビッグスクーターが出始めたぐらいの頃に通勤の足に使っていたことがありますが、当時に比べて、遥かに乗りやすくなっています。豪華なオプション装備が全て省かれ、シンプリケーションに取り組み、原点回帰を意識した車両ですが、以前にビッグスクーターに乗っていた経験があるライダーであれば、進化を感じることが出来る一台です。

リンク: 原点回帰と進化を感じるビッグスクーター FORZA Si [HONDA(ホンダ バイク)] All About

ロングセラーのネオクラシック、カワサキ・エストレヤ

カワサキ・エストレヤ

エストレヤは発売後、20年以上経つ現在でも人気を誇ります。デザインは発売当初からほとんど変えていないものの、駆動部、制動部などの機能は常に最新のものにチェンジしており、扱いやすさは向上し続けています。幅広い世代、男女に支持されています。

出典: 中古バイク購入ガイド【カワサキ エストレヤ編】 [中古バイク] All About

インジェクション仕様の現行モデルは、エンジン始動が季節変わらず容易なので、女性ユーザーや初心者におすすめとのこと。また、高年式で程度も安心して薦められるそうです。カラーバリエーションも豊富なので、気に入った色で選ぶのもいいでしょう。

リンク: 2/2 中古バイク購入ガイド【カワサキ エストレヤ編】 [中古バイク] All About

販売期間が長いだけに中古車市場にも程度のいいモデルがあります。お求めやすい中古車から選択するのも方法です。

モタードバイクの代表格、ホンダ・CRF250F

ホンダ・CRF250M

CRF250Fは都会を中心に生活し、週末にオフロードに出かける人々が愛用するモタードバイクの象徴的存在です。オフロードバイクのタイヤ、足回りをタウンユース仕様に変更したのがモタード。どんな場所でも存在感のあるモデルです。

出典: ホンダ CRF250M 一週間通勤試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About

低速時からしっかりとトルクがある為、エンストの心配もあまりなく、仮にエンストしてしまってバランスを崩してしまったとしても、この軽さであれば、なんとか倒さずに済んでしまいそうな安心感があります。

もてあますことも無く、かといって不満を感じることも全く無い加速感は街中を走ることに関しては完璧なセッティングといえます。

リンク: 2/2 ホンダ CRF250M 一週間通勤試乗レポート [HONDA(ホンダ バイク)] All About

開発コンセプトは、「日常を快適に、週末を楽しむ相棒」。

女性も乗りやすいアメリカン、ヤマハ・ドラッグスター

ヤマハ・ドラッグスター250

アメリカンスタイルのドラッグスター。ハンドル部が比較的上にあり、映画「イージーライダー」で流行ったアメリカンは、根強いファンがたくさんいます。一見、運転操作が難しそうですが、ドラッグスターはバイクの取りまわし、操作性を重視した設計で、非力な人や女性にも気軽に乗れます。

出典: 2/2 肩肘張らずに付き合える相棒 ドラッグスター250 [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

ネガティブな癖がほとんど見当たらず、軽量、足つきが良いドラッグスター250はちょっとコンビニに行くのにもバイクを出すのが億劫になりません。女性向けといわれがちですが、ダイレクトな加速フィーリングはむしろ男性に好まれる特性といえます。

女性、男性問わず肩肘張らずに付き合えるお勧めの1台です。

リンク: 2/2 肩肘張らずに付き合える相棒 ドラッグスター250 [YAMAHA(ヤマハ バイク)] All About

素晴らしい加速フィーリングに、ハンドリングにも違和感がないアメリカンバイクです。

手軽さが人気のロングセラー!スズキ・ST250E

スズキ・ST250E

2003年から発売されているST250Eは日常の気軽な足として使えます。前身となるバイク、ボルティーからは20年以上続くオールドスタイルの本流を感じます。レトロ感を踏襲しながらも、ガソリン供給にインジェクション方式を採用。燃費、始動性が向上しています。

出典: スズキ ST250Eタイプ 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

熟練ライダーにとっては、性能を気持ちよく使い切る事が出来るため、人によっては物足りなく感じてしまうかもしれませんが、自分の手の内に納まっている感覚は余裕を持って運転する事が出来るため安心です。

最近の250ccクラスは高性能なバイクが増えてきているので、今や希少な扱いやすさに特化した一台といえます。

リンク: 2/2 スズキ ST250Eタイプ 一週間通勤試乗レポート [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

初心者にもベテランにも、手軽に乗れるバイクです。