コンパクトSUV、ホンダ・ヴェゼルが1位

ホンダ・ヴェゼル

小型乗用車のホイールベースを流用して開発されたヴェゼルはコンパクトな印象。それでも内部スペースはしっかり確保されていて、大人もゆったり座ることができます。タウンとアウトドアの融合を目指すだけではなく、その分野の特別な車として走行性能、外装内装の充実を図っています。

出典: フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

長所も短所も分かりやすいホンダ・ヴェゼルだが、クーペ風のデザインでスマートでありながら広大な後席や使いやすい荷室などを備えており、ホンダのいくつかの先達SUVのように消えていってしまうようには到底思えない。
ハイブリッドの燃費や後席、荷室の使い勝手を考えると、輸入車勢も含めて増えつつあるコンパクトSUVの中でも総合力ではかなり高いのがヴェゼルといえる。

リンク: 2/2 フィット譲りの完成度の高さが光るホンダ・ヴェゼル [HONDA(ホンダ)] All About

2位のトヨタ・ハリアーは根強い人気

トヨタ・ハリアー

新しいハリアーはイメージチェンジしてデビューしました。印象がガラッと変わったフロンとマスクは、スタイリッシュSUVと呼べるスマートさ。ガソリンとハイブリッドが用意された駆動系は環境適応も意識し、外装や内装ともグレードアップしたモデルとなっています。

出典: 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

なお、ガソリン仕様も静粛性は高く、乗り心地は少し硬めというのは変わらないが、約200kgもハイブリッド仕様よりも軽い分、全体のフットワークも軽快だ。高級感ではハイブリッドだが、ガソリン仕様のイイ意味での軽さが個人的には魅力に感じた。

リンク: 新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車を比較! [TOYOTA(トヨタ)] All About

安全評価で最高ランクの日産・エクストレイルが3位

日産・エクストレイル

初代エクストレイルはオフロード専門モデルとして登場しましたが、徐々にタウンユースの味付けが加わってきました。新型モデルでは、ハイブリッドモデルが登場し、安全装備も充実。エマージェンシーブレーキを日産車で初めて搭載しました。内装も向上し、タウンを中心に走行するSUVスタイルを進化させています。

出典: エクストレイル・ハイブリッドの実燃費は? [NISSAN(日産)] All About

ほかのハイブリッドモデルと同様、燃費代だけで元を取ろうとせずに、いままで紹介してきた走行性能の美点を加味してハイブリッドか純ガソリン仕様かを選ぶべきだろう。そうでないと、ガソリンスタンドでレシートを受け取るたびに、こんなハズではなかった! と思いかねないから。

リンク: 3/3 エクストレイル・ハイブリッドの実燃費は? [NISSAN(日産)] All About

ガソリンモデルの方がハイブリッドよりも荷物スペースが広いので、荷物をたくさん積みたい方にはガソリン仕様がおすすめです。

4位はクリーンディーゼル搭載のマツダ・CX-5

マツダ・CX-5

マツダの新しい方向性、クリーンディーゼルエンジンを積んだCX-5。5ドアクロスオーバーSUVとして環境負荷の少ないモデルへと進化しました。ディーゼルながら少ない振動、エンジン音も抑えられています。ハイブリッド、EVではない、車の新しい未来をプレゼンしたCX-5です。

出典: マツダCX-5が質感向上でより大人の雰囲気に! [MAZDA(マツダ)] All About

改良後モデルは、スムーズで操作しやすいパワステのフィーリングはもちろん、足まわりの動きも滑らかに感じられるし、小さな上下振動もかなり抑制されているような印象を受けた。

また、高速域では10%程度だそうだが、確かに騒音面も若干抑えられていて、走りはミドルサイズSUVにふさわしい上質さを身に付けたのは間違いない。

リンク: マツダCX-5が質感向上でより大人の雰囲気に! [MAZDA(マツダ)] All About

2.2Lディーゼルモデルのほか、2.0L 、2.5Lガソリンモデル、4WDも用意されています。年間販売台数は2万9466台(2014年)。

5位のスバル・フォレスターも安全評価最高ランク獲得

スバル・フォレスター

フォレスターに搭載された、スバル十八番の水平対抗エンジンはオフロードの粘り、オンロードも快適な高速クルージングが堪能できます。自動ブレーキなどの安全技術も装備し、タウン走行の多いSUVながらオフロードもたまに楽しみたいという購入者のニーズに応えています。

出典: 新型フォレスターはオンもオフロードもイケル! [SUBARU(スバル)] All About


オフロード専用コースで試乗したが、徒歩では滑ってしまって登れないような上り坂でも難なくクリアしてしまう。

急な上りでも下り坂でも「X-MODE」オンの状態で20km/h以下であればヒルディセントコントロールも効く。もちろん、ヒルスタートアシストもあるから坂道での発進でも安心だ。直結4WDほどの悪路走破性はもちろん期待できないが、走行可能な公道であれば走れない道はないだろう。

リンク: 2/3 新型フォレスターはオンもオフロードもイケル! [SUBARU(スバル)] All About

悪路走行はスバル伝統の強さです。年間販売台数は2万5921台(2014年)。

6位は洗練されたスタイルに悪路走行性能を備えたスバル・XV

スバル・XV

都会生活が中心でも、たまにはアウトドアの走行もしたい。そんなモデルとして市場から支持を受けているのがスバルXVです。快活な走りはインプレッサ譲りで、悪路での安定した走行も魅力です。

出典: 新型になり本気で開発されたスバルXV [SUBARU(スバル)] All About

雪国ではない都市部に住んでいる限り、200mmのロードクリアランスは必須ではない。しかし、コンビニや時間貸しの駐車場に入る際など、思いのほか存在する大きな段差を乗り越える必要がある時でも躊躇なくアクセルを踏めるのはある意味楽ちん。もちろん、乗降に苦労するほどのフロアの高さでもないし、全高は1550mmだから高さ制限のある駐車場も使える。

リンク: 2/2 新型になり本気で開発されたスバルXV [SUBARU(スバル)] All About

スバルの看板車種レガシィの脇を固める個性派の登場です。年間販売台数は2万1050台(2014年)。

SUVの代名詞、トヨタ・ランドクルーザープラドが7位

トヨタ・ランドクルーザープラド

ヘビーデューティの代表格として長年君臨してきたランドクルーザー。そこにSUVという新しいテイストを加えたのがプラドです。悪路走行に絶対的な能力を持つとともに、高速道路でのクルージング、優雅な街乗りも似合う車へとイメージチェンジしました。

出典: ディーゼルエンジン搭載!新型ランドクルーザープラド [TOYOTA(トヨタ)] All About

いまや大型のクロスカントリーモデルのパワーユニットは、燃費と力強い走りを両立できるディーゼルが世界規模で主流になりつつある。ハイブリッドで押し通そうとしたトヨタも「もはやこれまで」と覚悟を決めたのだろう。もちろん従来型のエンジンでは新しい世代の排気ガス規制をクリア出来ないため、新開発となった。

リンク: ディーゼルエンジン搭載!新型ランドクルーザープラド [TOYOTA(トヨタ)] All About

ハイブリッド、EVに加わるのが、新しいディーゼルエンジンの波です。

8位はコンパクトな日産・ジューク

日産・ジューク

デザイン的には好き嫌いがはっきり分かれそうな、印象的な外観はインパクト絶大。それでいて、スポーツカーマインドを満足させるパワフルな性能を秘めています。同クラスの車ならば、街中でも、悪路でも遜色ない走行が魅力なクロスオーバーSUVです。

出典: 惚れたら買うべし! 若者にモテるジューク [NISSAN(日産)] All About

意外だったのがハンドリング&乗り心地。けっこう硬めの足回りを持っており、背の高いSUVと思えないほどシャープかつキビキビしている。試しにコーナーを攻めてみたら、コーナリングスピードに驚いた。加えてリアサスペンションの限界がとっても高い。兄貴分のデュアリスと似てます。

リンク: 惚れたら買うべし! 若者にモテるジューク [NISSAN(日産)] All About

9位の三菱・アウトランダーは先進性能が特徴

三菱・アウトランダー

プラグインハイブリッド(PHEV)モデルのアウトランダーが進化しました。デザインの一新で、印象が大きく変わっただけでなく、サスペンションの強化とダンパーの設計変更でセダンに近い乗車フィーリングが体感できます。また、制御の改良でハイブリッド時を含む、総合的な燃費も向上しました。

出典: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

大きく口を開けた大胆な顔つきに生まれ変わった三菱アウトランダー/アウトランダーPHEV。登場時は上品な印象を受けるデザインだったが、これだけ大開口のフロントグリルが流行すると、現在では埋没してしまうのもうなずけるし、流行に沿ったフェイスリフトといえるだろう。

リンク: 三菱アウトランダー/PHEVが大きく進化 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

注目モデルトヨタ・レクサスNXは10位!

トヨタ・レクサスNX

レクサスシリーズでターボモデル第1号がレクサスNXです。2014年7月に発売後、わずか半年で年間販売台数ベスト10に入ってきた注目のモデルです。走り、インテリアともレクサスブランドの名に恥じない高級感があふれます。オフロードや雪道などの悪路走行もこなすSUVです。

出典: レクサス初のターボを搭載したNXの走りは? [LEXUS(レクサス)] All About

ハンドリングもまずまず軽快で、SUVなのでそれなりにロールを許すが、唐突にボディが揺すられることもなく、ステアリングを戻していった際の挙動も自然なので運転しやすい。
高速道路でこれはイイ! と感心させられたのはオプションのレーダークルーズコントロールで全車速追従機能付の「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」。加速、減速ともにこの手のACCの中ではフィーリングはなかなか自然だ。

リンク: 3/4 レクサス初のターボを搭載したNXの走りは? [LEXUS(レクサス)] All About

ターボとハイブリッドモデルもラインナップされています。半年での販売台数は7970台(2014年)。今後上位進出も考えられる注目のモデルです。