高齢者賃貸住宅の種類とその探し方

高齢者賃貸マンションの種類

高齢者が住むことができる賃貸住宅は、高齢者にも貸してくれる一般的な賃貸住宅の他、シルバーハウジング(高齢者向けの公的賃貸住宅)、サービス付き高齢者向け住宅、その他高所得者用シニアマンション等になります。それぞれ生活支援の程度が異なりますので、今後の生活を考えて選ぶことが必要です。

出典: 高齢者賃貸マンションのしくみと種類 [高齢者賃貸マンション] All About

高齢者賃貸住宅の探し方

「高齢者向け優良賃貸住宅制度」により増えた「高齢者向け優良賃貸住宅」は、バリアフリーで緊急通報装置が設置されており高齢者が住みやすい工夫のされた住宅です。こうした住宅を探すにはまずは「高齢者円滑入居賃貸住宅」を検索してみてください。高齢者を拒まず、高齢者対応の設計になっている住宅が登録されています。

出典: 2/2 高齢者に優しい賃貸住宅って? [高齢者賃貸マンション] All About

サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な賃貸住宅に安価な介護サービスが付いた住宅のことを言います。建物の一室か近所に介護士が待機しており、必要があればサービスを受けられます。介護士を付けるかどうかは自分で判断ができ、元気な内は1人で生活することが可能。老人ホームに比べて費用がかからないのも魅力です。

出典: 注目される高齢者向けケア付き賃貸住宅 [高齢者賃貸マンション] All About

サービス付き高齢者向け住宅の選び方

住み替えたいと思った時に振り返るべきこと

歳をとってからの引っ越しは思っているよりも心身共に大変です。経済的に可能であることは前提として、自分が本当に引っ越しに納得が行っていて、したいと思っているかを見つめ直しましょう。現在と、この先の体の状態についても良く考えます。また家族の理解が得られるかも大切ですから話し合いは必要になるでしょう。

出典: サービス付き高齢者向け住宅、住み替え前に考えること [高齢者賃貸マンション] All About

サービス付き高齢者向け住宅選びのポイント

サービス付き高齢者住宅を選ぶ際に気をつけたいのは、「場所」「サービス内容」「要介護状態になった場合の対応」「入院時の対応」の4つのポイントです。生活しやすい場所であるかは勿論、必要なサービスが揃っているか、要介護や入院が決まった時はどうなるのか?こうした部分に満足できる場所であることが必要です。

出典: サービス付き高齢者向け住宅選びのポイント [高齢者賃貸マンション] All About

見学する際に見ておきたいポイント

良さそうな住宅が見つかったら必ず実際に見学に行きましょう。ここでは「建物の雰囲気」「入居者の出入り率」「スタッフの雰囲気」「入居者の雰囲気」をチェックしてみてください。入居率があまりにも低かったり、生前の退去率が高い場合は何か理由があるかもしれません。建物や人の雰囲気も気持ちよく過ごすには大切です。

出典: サービス付き高齢者向け住宅、見学時の注目すべき点 [高齢者賃貸マンション] All About

将来の住み替えに向けてやっておくこと

先のことであまり具体的に考えられないという方も、家族の入居を考えている方も是非まずは見学してみてください。どんな場所かイメージができるようになりますし、場所による違いが分かります。多くの住宅は体験入居もできますので、住み心地やフタッフ・入居者の雰囲気を実際に生活しながら把握するのもおすすめです。

出典: 住み替えはいつ決める?サービス付き高齢者向け住宅 [高齢者賃貸マンション] All About