1.かまちょがウザイ…「かまってちゃん」

自分を変えて相手が“かまいたくなる人”を目指すべし

まず、自己顕示欲との折り合いをつけて、“自己との対話”を習慣にし、自分で自分を受け止められるようになる。次に、相手に興味を持つことで、結果、相手にも自分のことを興味持ってもらう。さらに会話では、相手の素敵なところを見つけて褒めたり、相手が「へぇ!」と思うことを入れるなど、相手を喜ぶ行動をして、自己重要感を高めていきましょう。

出典: “かまってちゃん”から抜け出す方法 [ひかりの恋愛コラム] All About

2.ガツガツしすぎ…「前のめり子」

相手の反応を見ながら徐々に関係を深めて!

いいなと思った人に対して「あの人とは絶対に気が合う! この恋逃さない! とグイグイ迫る「前のめり子」になっていませんか? 「前のめり子」は恋がうまくいかないだけでなく、体目的の男性に引っ掛かりやすい傾向があります。相手との気持ちの温度差をなるべく小さくする、「絶対にこの人を逃したくない」と思い詰めずに余裕をもつ、相手の都合の良い面ばかりにフォーカスしない、仕事や趣味など恋愛以外にも意識を向ける、男友達を増やして男性に対する免疫を強化、「焦らない!」と心の中で唱える…この6つを心がけてみてください。

出典: 恋がうまくいかない「前のめり子」の特徴と抜け出し方 [桜井結衣の恋愛コラム] All About

3.重すぎ病みすぎ…「恋愛依存女」

恋愛を「自分の心の弱さを誤魔化すため」に使ってない?

恋愛依存症の人は、恋愛を「自分の心の弱さを誤魔化すための手段」に使ってしまっていて、純粋に「恋愛をしている」とは言えません。「自分と向き合う」→「自分を受け止める」→「自己肯定する」→「精神的な自立する」といった、ステップを踏んで、恋愛依存から抜け出しましょう。依存ではなく、本当の愛情を持って、幸せになれる恋愛をしたいものですね。

出典: “恋愛依存”から抜け出す方法 [ひかりの恋愛コラム] All About

4.既婚者好き…「不倫女」

“惚れグセ”を変えれば視野が変わります。

不倫は絶対にイヤなのに……いいなと思う男性は既婚者ばかり。それはあなたが男性に完璧さを求めているから。たしかに、「女性に優しく気持ちに余裕のある大人な男性」は、若い独身男性にはそう多くはありませんが、恋愛対象としてOKな守備範囲を少しだけ変えてみるだけで、視界に入る独身男性の数はかなり増えるはず。

出典: 既婚者ばかり好きになってしまう心理とは [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.不幸に酔ってる…「ダメンズ女」

根本にある「コンプレックス」を自分で解消!

“不幸恋”から抜け出す方法は、たった1つ。自分に自信を持つこと、自分のコンプレックスは自分で解消すること。自分に自信があったら、自分にひどいをする人とは関わらなくなるし、愛情を素直な気持ちで受け取ることが出来ます。コンプレックスが解消されたとき、今までの“不幸恋”について、客観視できるようになります。そのとき、過去の恋愛を振り返って、「あれは一体なんだったんだろう?」と思うことすらあるでしょう。そこまで成長したときは、“幸福恋”を掴めるようになるのです。

出典: 3/3 “不幸恋”から抜け出す方法 [ひかりの恋愛コラム] All About

6.どうせどうせ……「こじらせ女」

先のことを考えずに、始めの“一歩”を踏み出す

恋愛になかなか踏み込めない人は、勇気がなくてアプローチできない自分に「でも、彼はここがよくないし…」と理由をつけて言い訳をしていませんか? 「付き合う、結婚する」という先のことばかりを考えず、まずは「ごはんに誘ってみる」という第一歩でいいのです。そこで、ごはんを一緒に食べに行くことができて楽しかったら、さらに次の“一歩”、「さり気なく好意を伝えてみる」というように、一歩一歩、小さな勇気を積み重ねていってみてはどうでしょうか?

出典: こじらせ過ぎている女子が恋を掴む秘訣 [ひかりの恋愛コラム] All About