「のし」の意味と基礎知識

のしの由来と種類について

のしと水引は、神様へのお供え物に由来しています。お供え物と穢れを隔てるため、祝福や神聖さを示すためなどに、のしや水引きは使用されていました。のしや水引きにも様々な種類があり、状況に応じて使い分ける必要があります。

出典: 水引・のし袋の基本 [お祝い・ギフト] All About

のし・水引・表書きの意味と基本ルール

水引きには「結び切り」と「蝶結び」があります。一度切りで良い場合には、結び切りを使います。逆に何度あっても良い場合には、蝶結びを使いましょう。表書きは、昔のしきたりである目録が簡略化されたものです。上段に品物の名前、下段に数量や金額を書くのが正式なマナーですが、現在では下段には姓名を書くのが一般的です。

出典: 表書きと水引、のしについて [結婚式・披露宴マナー] All About

のしを付けてはいけない贈答品って?

贈り物にのしを付けるのは、当たり前ではありません。のしは縁起物なので、慶事のみに使用します。また、のしを付けてはいけない品物もあるんです。のしの由来を知れば、その品物が自ずと分かるでしょう。

出典: “のし”を付けてはいけない贈答品って? [暮らしの歳時記] All About

シチュエーション別「のし」のマナー

「お祝いごと」のマナー

のし・水引・奉書紙が印刷されているものを、のし紙と呼びます。お祝いごとの場合には、紅白・金銀などの水引を使います。のし紙の上段には贈り物の内容を書き、下段には贈り主の名前を書きます。また「うちのし」「そとのし」の使い分けは、状況に応じて異なります。

出典: 熨斗(のし)紙のマナー [結婚式・披露宴マナー] All About

「出産内祝い」のマナー

出産祝いを頂いた方へのお返しが、出産内祝いです。出産から約1ヶ月後の"お宮参り"の時期に行うのが一般的です。金額の目安は、頂いた品物などの1/3~1/2(半返し)程度。のしは「うちのし」とし、蝶結びの水切を使用します。のし紙には、赤ちゃんの名前を書くのがマナーです。

出典: これだけ抑えておけばOK!「出産内祝い」の基本マナー [出産内祝い] All About

「新築内祝い」のマナー

家を新築した際には、お披露目当日や新築後1~2ヶ月以内に内祝いを贈ります。贈ると喜ばれるのは、消耗品やお菓子などの実用的な品物です。新築祝いの場合、紅白・蝶結びの水引が付いたのし紙を使用します。表書きの上段には「内祝」、下段には「姓」を記入します。

出典: 新築内祝いのマナー [お祝い・ギフト] All About

「法事」のマナー

最近の法事では、供物料(現金)を包むのが一般的です。一周忌までと三回忌以降の法要では、水引の色が異なります。仏式の場合、表書きには「御仏前」「御供物料」と記入します。キリスト教式では「御花料」、神式では「御玉串料」などと記入します。

出典: 法事に招かれた時の香典や服装などのマナー [法事・法要の手順] All About

「のし」のテンプレートを活用しよう

印刷してすぐ使える! のし紙テンプレート

無料テンプレートを活用すれば、のし紙を自宅で簡単に印刷できます。のし紙は突然必要となるケースも多いため、使い方を覚えておくと便利です。パソコンで表書きごと印刷できるので、字に自信がない人にもおすすめ。フォントや書体も使い分けできるので、どんなシチュエーションにも対応可能です。

出典: 印刷してすぐ使える! のし紙テンプレート集 [Web素材] All About