LINEいじめの実態や事例は?

LINEなどのSNSが暴行や殺人のきっかけに

警視庁の調査(平成26年)によると、高校生の82.9%・中学生の約半数がスマートフォンを所有しているそうです。LINEなどのSNSは青少年にとって身近なものであり、最近の少年事件の多くに関わっています。LINEの返事が遅いことが理由による暴行、LINE上での口論をきっかけとした殺人・・・子どもたちはネット上で知らぬ間に交友関係を広げており、親が把握するのが難しいのも実情です。

出典: 【中1殺害 今、少年たちに何が(下)】「LINE返事遅い」と殴り続け 大人に見えぬSNS交友、把握困難(1/3ページ) - 産経ニュース

LINEでの中傷によって自殺するケースも

LINEを使った中傷やいじめも頻発しています。九州の県立高校ではLINEによる中傷がエスカレートし、生徒が退学する事態にまで発展しました。山形県の中学校では、服を脱がせて撮影した画像をLINEに掲載するいじめが発覚。LINEで悪口や中傷を書き込まれた奈良県の女子中学生は、マンションから飛び降り自殺しました。

出典: 【今、学校で~深刻化するネットいじめ】(上)急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」(1/3ページ) - 産経ニュース

LINEいじめを再現する「チャットログ」が話題に

LINEでのいじめが深刻な問題となる中で、ジョークサイト「チャットログ」が話題になっています。このサイトでは、架空上のLINEいじめのやりとりを読むことができます。2014年に公開されたサイトは、約20日間で130万ページビューを獲得。リアルなやりとりが繰り広げていますので、一度覗いてみることをおすすめします。

出典: ジョークサイト:架空のLINEいじめ再現 「チャットログ」話題に - 毎日新聞

LINEいじめの対策・対処法とは?

LINEいじめの4タイプと防ぎ方のコツを知ろう

LINEいじめには、他のいじめと違う特徴があります。その特徴とは、密室の中で行われるということ。密室であるため、外部からは分かりづらいのが実情です。LINEいじめは、主に4つのタイプに分けることができます。それらのタイプを知って、LINEいじめを防ぐコツを知りましょう。

出典: LINEいじめはなぜ怖い?いじめの4タイプと防ぎ方 [インターネットサービス] All About

子どもの安全を守るLINEの使い方を知ろう

最近では、LINEを使う小学生も増えています。ネットだけでなく現実でも、踏み込むと危険な場所は沢山あります。その危険な場所は、自分で判断するのが最善の方法。しかし子どもは、自分で判断するのが難しいのも現実です。子どもの安全を守るために、保護者が正しく導いてあげることも大切です。

出典: 中学生までの子どもの安全を守るLINEの使い方 [LINEの使い方] All About

LINEいじめを防ぐために親が知るべきこと

LINEがなくなったからと言って、いじめがなくなる訳ではありません。いじめを防ぐためには、学校での人間関係も大切。LINEいじめを防ぐためには、スマートフォンの使い方も重要です。LINEいじめを防ぐために、親が知っておくべきLINEの使い方の注意点などをご紹介いたします。

出典: LINEでのトラブル・いじめを防ぐために [いじめ問題・対策] All About