1. 漢字の読みをぶった切っていないか

漢字の読み方は本来、勝手に変えてはいけない

近年増えているのが、漢字の読みを途中で切って使う例。「玲(れい)」を「れ」と読む、「昌(まさ)」を「ま」と読むといったこのぶった切りは、名づけの専門家である牧野くにおさんによるとNGなのだとか。その理由について詳しくお届けします。

出典: 彩で「サ」、心で「ココ」…読みを途中で切ってよい? [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

2. 海外の人が聞いたとき悪いイメージを連想させないか

外国で名乗ると「プッ」と笑われてしまうおそれも?

イタリア人の「ウンチーニ」さん、中国人の「チンコウ」さんなど、外国ではいたって普通の名前でも、日本語の感覚では一瞬「えっ?」と感じてしまう名前もあります。同じように、日本では一般的な名前が、外国で「えっ?」と聞き返されることもあります。

出典: 海外では大丈夫?外国語で悪い連想になる名前と名づけ [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

3. 将来、子ども本人が嫌がらないか

古風な「シワシワネーム」がブーム!? うまく取り入れるには

今、古風な名前を好む風潮が生まれています。とはいえ、子どもの名前だけを見た人が、年配の人を連想するというデメリットも。先祖の漢字を使用する際の注意点をお届けします。

出典: 祖父の字を子どもの名前に入れてよいか [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

4. 名前に過剰な意味づけをしていないか

名づけは「まじない」ではない!

「名づけが、まじないになってはいけない」と、名づけ専門家の牧野くにおさんは警鐘を鳴らしています。子どもの名前に願いを込めても、残念ながらその願いは実現しない場合もあります。大切にすべきは、名前を付けたその後の生活です。

出典: 智、勉、学…名前に知的な字を入れると賢い子に育つか [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

5. 万人にとって読みやすい名前かどうか

世界で「オンリーワン」の名前もいいけれど…

名づけの際に一番注意したいポイントが、多くの人が常識的に読めて、子どもが社会生活で問題が起きないかどうか。子どもが思春期を迎えた、就職した…そんなライフステージの変化も想像しながら名前を考えてみましょう。

出典: 名づけで辞典と違う読み方はどこまで許されるか [赤ちゃんの命名・名づけ] All About