平均寿命が30年と言われる理由

大きな理由は「もともと耐久性がないから」です。(中略)これは、悪いことだというより、これまでの日本の住宅は、日本の風土に合わせた家づくりをした結果このような寿命になっただけのことなのです。

リンク: 日本の家の寿命は約30年。そのとき何が起こるのか? 築30年建て替えか、住み続けるか [長期優良住宅] All About

また、築20~30年で、住んでいる人の家族構成やライフスタイルが変わってきて、住みにくい家になってしまうことも理由のひとつでしょう。建物の寿命はまだまだあるけれども、間取りが暮らしに合わない、設備などが使いにくいなど、ずっと我慢して生活し続けるのはイヤだからという理由で解体してしまうというパターンです。

リンク: 日本の家の寿命は約30年。そのとき何が起こるのか? 築30年建て替えか、住み続けるか [長期優良住宅] All About

寿命が30年程度で来てしまう理由は、家そのものの耐久性と、ライフスタイルの変化の2つの理由があるようです。

どんな家なら長持ちするの?

長持ちの条件は6つ!

長く快適に暮らせる家は、性能や間取りプラン、構造など6つの条件があります。

出典: 長く快適に暮らせる家に必要な6つの条件 [長期優良住宅] All About

確かに、この条件にマッチする家なら長く住みたいと思えるイメージが持てます。

寿命に直結!外壁選び

素材やデザインを決めるときに忘れてはならないのは、時間が経ったときにどうなるか、ずっと愛せるものかどうかということです。古くても美しいと感じられる家ならば、30年、50年経ってもわが家に愛着をもって、安易に建て替えることなく、長く暮らすことができるのではないでしょうか。

リンク: 2/2 長寿命の家と短命な家。違いはどこにある? [注文住宅] All About

人気の外壁、サイディングを選ぶポイントは?

外観のイメージにも建物の寿命にも影響する外壁。その中でも人気で標準仕様になっていることも多いサイディングの種類や特徴を解説します。

出典: サイディングの種類と特徴 [外壁・屋根・断熱材] All About

外壁の質感と選び方についての例

新築でもリフォームでも、家の寿命や愛着に直結する外壁。そんな外壁材の選び方や仕上がり例について紹介しています。

出典: 2/3 写真で見て質感をイメージしよう!外壁の種類と選び方 [外壁・屋根・断熱材] All About

雨風から家を守る!屋根選びが超重要

屋根の掛け方や屋根勾配は外観デザインに大きく影響しますが、あまりにデザインを優先しすぎると、雨仕舞いの悪い家になってしまい、住宅の寿命を縮める恐れもあるので、注意が必要です。

リンク: 屋根形状で変わる? 住宅の雨漏りと寿命 [長期優良住宅] All About

屋根材の種類と特徴

屋根材は各メーカーから数多くの商品が提案されています。それぞれの商品特性を確認することが大切です。一般的に用いられる屋根材である、粘土系、セメント系、スレート系、金属系の4種類について、それぞれの特徴、メリットなどをご紹介します。

出典: 瓦、スレート、金属etc. 屋根材の種類と特徴 [外壁・屋根・断熱材] All About

屋根材選びの注意点

屋根材を選ぶ際はデザインだけでなく、耐久性や構造、費用に関わることなど、注意しなければいけない点も。将来的な補修のスケジュールや、メンテナンスを含めたランニングコストも考慮することが大切です。

出典: 勾配、重量、メンテナンスetc. 屋根材選びの注意点 [外壁・屋根・断熱材] All About

さらに詳しく!屋根の「形」実例集

外観だけでなく、家の寿命にも影響する屋根の「形」。様々な実例を集めました。その他、素材についてや構造、費用に関わることなど、屋根を決めるときに注意したいことをまとめています。

出典: 適当に選んだら大後悔!家の寿命も左右する屋根の話|All About(オールアバウト)

屋根だけじゃない!家の寿命に影響する「雨どい」

どんなに屋根が立派でも、雨どいが十分に機能しなければ、住まいの寿命に影響が出る場合があります。雨どいの種類や特徴、費用面だけでなく、耐候性や耐久性、メンテナンスなど基礎知識をまとめました。

出典: 住まいの寿命に影響する 雨どいの種類と特徴 [外壁・屋根・断熱材] All About

長く暮らせる!間取りプランの考え方

長く暮らせる家の間取り

長く住む中で家族構成やライフスタイルは変化し、住人にとってのベストな間取りも同様に変化していきます。壁が少なく変化に対応しやすい家のメリットや空間の仕切り方についてご紹介します。

出典: 長く暮らせる家の条件 -間取り編- [長期優良住宅] All About

高齢になっても安心して住める間取り

高齢になっても安心して住み続けるために、新築で家を建てる時から高齢になっても長く安心して住み続けられる家であるために注意すべきポイントをお伝えします。

出典: 高齢になっても安心して住むために最初からすべきこと [住宅設計・間取り] All About