サーファー女子たちの青春が海できらめく!

『ブルークラッシュ』

事故のトラウマで大技に挑戦できなくなっていたサーファーのアン(ケイト・ボスワース)。彼女はサーフィンをしつつも、恋愛することで自分のやるべきことから逃げていました。しかし、アンの友人たちが彼女の背中を押して、彼女は大会に臨む決意をかためていくのです。サーファー女子たちの青春を描いたスカッと爽やかな海映画。ハワイのノースショアの豪快な波、真っ青な海は見ているだけで気持ちいい。サーファー女子たちもかわいく、その技は力強く、思わず「お~!」と声をあげてしまいますよ。

出典: Amazon.co.jp | ブルークラッシュ [DVD] DVD・ブルーレイ - ケイト・ボスワース, ミシェル・ロドリゲス, サノー・レイク, ジョン・ストックウェル

深海で繰り広げられるダイバーたちの美しき闘い

『グランブルー』

ダイバーのエンゾ(ジャン・レノ)は、親友でありライバルでもあるジャック(ジャン・マルク・バール)を探していた。エンゾはダイビングの競技会でジャックと闘い、勝利をすることを目標にしていたから。彼と再び闘うチャンスを得たエンゾだけれど、ジャックの壁は高く、無理をしたエンゾは限界を超えてしまう……。男の友情、闘い、そして深海の魅力を描いた永遠に語り継がれる海映画。野心家のエンゾと純粋なジャックの愛あるライバル関係にグっと胸を掴まれます。『レオン』のリュック・ベッソン監督の傑作。映像の美しさも必見です。

出典: Amazon.co.jp | グラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray DVD・ブルーレイ - ロザンナ・アークェット, ジャン=マルク・バール, ジャン・レノ, リュック・ベッソン, エリック・セラ, パトリス・ルドゥー

水中撮影に命がけ!監督の完璧主義に驚愕の映画

『アビス』

アメリカの原子力潜水艦が謎の物体に襲われ、救出に向かった海底油田採掘メンバーたち。しかし、救出の最中、基地との連絡網が遮断されてしまい、メンバーに危機が迫る……。『アバター』のジェームス・キャメロン監督が、ほとんど水中で撮影を敢行したザ・深海映画。かなり過酷な現場だったそうで、主演のエド・ハリスとメアリー・エリザベス・マストラントニオは、無茶ぶりばかりする監督を「何度も殺したいと思った」とメイキングで語っているほど。そんな超大変な撮影を乗り切った役者さんたちの労力をねぎらいながら、一生懸命見たい海映画です。

出典: Amazon.co.jp | アビス(完全版) [DVD] DVD・ブルーレイ - エド・ハリス, メアリー・エリザベス・マストラントニオ, マイケル・ビーン, ジェームズ・キャメロン

海のアドベンジャーを描くアカデミー賞監督賞受賞作

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

家族が経営する動物園の動物たちと貨物船で移動中、船が沈没。少年は救命ボートで逃げるけれど、そのボートには虎も乗っており、彼は海上で虎と過ごすことに……というアン・リー監督作。中盤から後半はほとんど海上シーン。虎だけでなく海の動物、空の動物たちと共存していかなければならない少年の冒険は、まさにファンタジーとスリルの融合! いつ食い殺されるかわからない、生きるには厳しい世界で奮闘する少年の賢さと勇気から目が離せません。前半のエピソードが伏線になり、ラストにさりげなく驚かせる演出も見事です。

出典: Amazon.co.jp | ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - スラージ・シャルマ, イルファン・カーン, アディル・フセイン, タブー, レイフ・スポール, ジェラール・ドパルデュー, アン・リー

背筋が凍る恐怖!スピルバークの海パニック映画

『ジョーズ』

小さな海水浴場に巨大な鮫が現れ、海水浴客を次々と襲っていく海の恐怖を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の初期代表作。鮫が人間に近づいてくるときの音楽が効果的で、「来てるよ、鮫、来てるよ~」と、ジワジワと忍び寄る恐怖を味わえます。海水浴客がいないとやっていけない小さな海水浴場ゆえに、海を閉鎖するのは死活問題。被害者が出ても、鮫にやられたと信じることができない人達。すぐに対処できない事情も被害が大きくなることが予想できて怖さを煽ります。海は美しいだけでなく怖い一面もあることを、この映画から学びましょう!

出典: Amazon.co.jp | ジョーズ [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - ロイ・シャイダー/ロバート・ショウ/リチャード・ドレイファス, 監督:スティーブン・スピルバーグ

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項