甘い&お菓子系サンドウィッチ

シンガポールから、やさしい甘さがクセなるカヤトースト

カヤジャム(ココナッツベースのジャム)とバターを薄切りのカリカリトーストにたっぷりはさんだカヤトーストはシンガポールの定番カフェメニュー。地元では濃い目のコーヒーと一緒に朝ごはんにする人も。そのやさしい甘さは一度食べるとハマります。

出典: ローカル式朝ごはん、カヤトースト/シンガポール [グルメ・各国料理(海外)] All About

フランスのちょっと豪快だけどどこかおしゃれな板チョコサンド

フランスでは定番的な食べ方という板チョコサンド。お好みの板チョコを同じくお好みのバゲットに挟むだけというちょっと豪快なメニューですが、やはり不思議とおしゃれな感じの風貌。フランス流に紅茶やコーヒーに少しずつ浸して食べるのもおいしそう。

出典: フランスでポピュラーなバゲットの食べ方|パン食系女子のレシピ|日清製粉グループ

ポテトチップスを挟むだけ。 アイルランドの不思議サンドウィッチ

キッチンに常にあるものでいつでもつくれるということで、地元でおなじみのクリスプサンドウィッチ。軽く焼いたトーストにバターを塗ってポテトチップスを挟むだけ。フレーバーは「ソルト&ビネガー」または「チーズ&オニオン」をチョイス。家で楽しむメニューなので販売はしていないので注意!

出典: 主役はポテチ!? アイルランドの不思議サンドウィッチ [アイルランド] All About

そうきたか、と思わずうなる具のチョイス

トルコのB級グルメ・サバサンド

魚大好き日本人とはいえ、さすがにサバをパンに挟むという発想には驚くのでは?とはいえ、ファンの多いイスタンブールのB級グルメとして名高いサバサンドは大人気メニュー。メインのほかは玉ねぎとレタスを挟んだだけなのに味がしっかりしているのは脂の乗ったサバならでは。

出典: トルコのB級グルメ・サバサンド/イスタンブール [イスタンブール] All About

アツアツホットドックだけじゃない! ドイツの生肉サンドウィッチ

ドイツではトーストに具を挟んだいわゆるサンドウィッチ的な見かけのものよりも、ブロートヒェンと呼ばれる手のひらサイズのパンにいろいろなものを挟んで食べるのが一般的。中でも変りダネは脂身のない豚のひき肉を塩コショウで味付けしたものを挟むメット。

出典: 噂の豚の生肉料理「メット」を食べてみた - Excite Bit コネタ

すっぱい具がウマー! ベトナムのバインミー

フランスの植民地だったベトナムのパンはとにかくおいしく、なかでもバゲットはピカイチ。庶民の味バインミーはお肉と野菜、ハーブなどを挟んだサンドウィッチ。中にはなますも入っていて、このすっぱさが効いていてなんともいえず美味。一口食べた瞬間リピ決定の予感。

出典: ベトナムサンド「バインミー☆サンドイッチ」 [エスニック料理] All About

具はあくまで一点勝負の潔い系サンド

イギリス人はやっぱりチップスが好き。チップバティ

食パンにチップス(ポテト)を挟んだイギリスのサンドウィッチ「チップバティ」。フィッシュ&チップス同様、盛るとビネガーをたくさんふりかけて食べるのが本場流とのこと。塩気を聞かせた厚切りベーコンを挟んだだけの「ベーコンバティ」も、昔ながらの庶民の味として有名。

出典: イギリス流フライドポテトサンドイッチ チップバティ レシピ・作り方 by 地味ヘンドリクス|楽天レシピ

豚好き中華圏らしい、マカオのポークチョップバーガー

焼いた厚手の豚の切り身をパンに挟んだだけの潔いルックスに圧倒されるマカオのポークチョップバーガー。とはいえ、お店ごとにパンの種類やお肉の焼き方に違いがあるそうなので、旅行に行く機会があればいろいろ食べ比べてみるのも面白そう。

出典: マカオの名物グルメ、ポークチョップバーガー [マカオ] All About