エクセルを使った簡単なグラフ作成のコツ-基礎編

グラフの基本概念を理解しよう

エクセルでは「棒グラフ」「折れ線グラフ」「株価チャート」以外にも、様々なグラフを作成できます。ただしグラフの種類によって、表現できることが変わります。またエクセルでグラフを作成する前には、グラフの「系列」「数値軸」「項目軸」などの基本概念をキチンと理解することが大切です。リンク先では、グラフの種類やグラフ作成のポイントをご紹介しています。

出典: 受注合計額グラフを作成しよう [エクセル(Excel)の使い方] All About

グラフの書式を設定しよう(準備編)

グラフウィザードを使えば、簡単にグラフを作成することができます。ただし見栄えがイマイチですし、望み通りのグラフを作成するために書式の設定は欠かせません。リンク先ではグラフの書式を設定する準備編として、グラフを構成している「部品の名前」や「選択方法」について詳しくご説明しています。

出典: グラフの書式を設定しよう(準備編) [エクセル(Excel)の使い方] All About

グラフの書式を設定しよう(操作編)

次は実際に、グラフの書式を変更してみる番です。リンク先では「グラフの書式を設定しよう(準備編)」で整理したことを踏まえ、実際にグラフの書式を変更するときの操作方法を解説しています。

出典: グラフの書式を設定しよう(操作編) [エクセル(Excel)の使い方] All About

数値表示ラベルを表示しよう

グラフ上に数値データを表示すると、データの傾向を確認したり、具体的な数値データを読み取ることができます。数値軸があっても大まかな単位で数値が表示されているだけでは、正確な情報を読み取ることができません。リンク先では、数値データの表示の仕方やグラフの一部分を強調する方法もご説明しています。

出典: Excelのグラフで数値表示ラベルを表示する [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセルを使った簡単なグラフ作成のコツ-応用編

2種類のグラフを同時に表示させる方法

エクセルでは、2種類のグラフを同時に表示することができます。2種類のグラフを同時に表示できれば、1度に2つの情報を見ることができて便利です。リンク先では、単位の異なる「棒グラフ」と「折れ線グラフ」を同時に表示する「2軸グラフ」の作成方法を詳しくご説明しています。

出典: Excelで2軸グラフ(棒と折れ線グラフの混在)を作成 [エクセル(Excel)の使い方] All About

凝ったグラフを作成するには

せっかくならば、見た目の良いグラフを作成したいものです。ちょっとしたテクニックを知れば、格好良いグラフを作成することができます。リンク先ではグラフの見栄えを良くするテクニックだけでなく、苦労して設定したグラフの書式を再度利用する方法もご紹介しています。

出典: 凝ったグラフを作成するには [エクセル(Excel)の使い方] All About