熱帯魚の水槽をおしゃれにレイアウトするコツ-基礎編

①水槽にバックスクリーンを貼ろう

熱帯魚を飼う水槽の色は、基本的に透明です。そうするとフィルターの配管やパイプ類、ヒーターの電源コードなどが見えてしまいます。そこで活躍するのが「バックスクリーン」です。これを貼るだけで、水槽の印象はガラッと変わります。バックスクリーンには「黒」「青」「ミスト風(すりガラス風)」などの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

出典: 水槽にバックスクリーンを貼る意味と効果を色別にまとめてみました | アクアリウム初心者

②自分に合った照明を選ぼう

熱帯魚の水槽で使用する照明には「蛍光灯」「LED」「メタルハライドランプ」の3種類があります。この3種類の照明は、本体価格や電気代だけでなく、雰囲気も違います。それぞれの照明の特徴を知って、自分に合った照明を選びましょう。

出典: アクアリウム(水草・熱帯魚水槽)用照明の選び方。蛍光灯、LED、メタハラの各特徴とおすすめな商品一覧 | QUBE(キューブ)

③白砂はこまめにメンテナンスしよう

水槽内の見栄えを良くするために、良く利用されるのが「化粧砂」です。その中でも、代表的なのが「白砂」ですね。真っ白い砂は水草の緑とのコントラストが美しいので、おしゃれな水槽になります。逆に白だからこそゴミや藍藻が目立ちますので、こまめなメンテナンスを心がけましょう。

出典: 白砂維持の難しさについて - 水草レイアウト技術集 - AQUALiving

熱帯魚の水槽をおしゃれにレイアウトするコツ-応用編

④岩組のレイアウトのコツ

岩は、角度によって違った表情をみせます。同じ岩でも角度を変えるだけで、水槽の印象がガラッと変わります。岩は、同色系で滑らかなものを購入するのがポイントです。自然の水系を再現するように、階層を意識しつつ後ろの方から並べていきます。

出典: 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識 | グッピーや熱帯魚飼育なら|はじめてのアクアリウム

⑤流木のレイアウトのコツ

流木を使うだけで、水槽はかなりおしゃれになります。ただ、やみくもに流木をレイアウトするのでなく、最初にレイアウトを決めて流木を選びましょう。流木の種類や色の付け方を理解すれば、色々なレイアウトが浮かんでくることでしょう。

出典: 流木を使ってかっこいいレイアウトにする時の3つの注意点を紹介

⑥水草のレイアウトのコツ

初心者にとって難関なのが、水草のレイアウトです。水草は、おしゃれな水槽にレイアウトするために欠かせないアイテムです。動画では、水草の種類や配置先を丁寧に解説しています。かなり勉強になりますので、是非チェックしてみて下さい。

リンク: はじめての観賞魚飼育水草レイアウト編 - YouTube

⑦コケ対策は万全に

おしゃれな水槽の最大の敵は、ズバリ「コケ」です。掃除だけでコケを防ぐのは大変ですので、コケを食べてくれる生き物を水槽に入れましょう。コケを食べてくれる生き物は、エビ・貝・熱帯魚など。全てのコケを食べる生体はいませんので、どんなコケを食べてくれるのかチェックしてみましょう。

出典: 【全種類掲載】コケ対策におすすめなコケ取り生体の特徴と食べてくれるコケ一覧 | QUBE(キューブ)

通販で水槽レイアウト商品をチェックしてみよう

熱帯魚通販「レヨンベールアクア」

熱帯魚を飼育するのに必要な道具が、全てそろっている通販サイトです。水槽や砂などの基本的な品物はもちろん、流木や石などのレイアウトアイテムもラインナップされています。

出典: 熱帯魚 水草 水槽の激安【レヨンベールアクア】

熱帯魚などの専門店「charm」

熱帯魚や金魚だけでなく、イヌ・ネコ・鳥など色んなペット用の商品を扱っている通販サイトです。照明などのレイアウトアイテムだけでなく、熱帯魚の生体自体も豊富に取り扱っています。

出典: チャーム|犬用品・猫用品・熱帯魚・水草・ビオトープ・ガーデニング・昆虫・インテリア雑貨の専門店