1. 継続雇用制度を活用

定年後も働く場合、雇用形態や給料はどうなる?

高年齢者雇用安定法の改正により、希望すれば65歳まで働ける環境が整いつつあります。制度を利用した場合、これまでとどのような変化があるのでしょうか? 雇用形態や給料額など、気になる点をわかりやすく解説します。

出典: 定年後の継続雇用制度を活用した働き方 [労務管理] All About

2. 自分にしかできない仕事を見つける

「会社に依存する」より「会社に貢献する」気持ちを大切にする

長い会社員生活を経て、人は「会社依存型人材」と「自律型人材」の2タイプに分かれていくようです。60歳を過ぎても活躍できるのは、ズバリ「自立型人材」です。自分が活躍できる場を自分で見つけることが大切になります。

出典: 50代必見!60歳以降も会社に残れる・使える人って? [労務管理] All About

3. スキルを磨き、人脈を広げる

40~50代から働き続ける環境をコツコツ準備しておく

60代になっても会社から重宝される人材というのは、3つの努力をしてきた人です。それは、「スキルを磨く努力」「人脈を広げる努力」「体力をキープする努力」です。円熟した経験値で、会社を支えられる人材を目指しましょう。

出典: 定年後も働き続けるために、今できること3つ [定年・退職のお金] All About

4. みずから経営者になる

やりがい重視の「シニア起業」に要注目

最近、55歳を過ぎて起業する「シニア起業」が増加しています。リスクはありますが、「生涯現役」と考えている方は、経営者となり、自分の働き方をデザインしていけるのは魅力的です。

出典: 定年後も継続的な収入を!シニア起業で成功する秘訣 [定年・退職のお金] All About

5. 趣味を生かす

収入は少ないけれど…趣味を仕事にしてみる

定年退職後、「起業するエネルギーはないけれど、時間をお金に変えたい」と考える人は多いのではないでしょうか。収入にこだわらないのであれば、組織に属さず、これまでの経験や趣味を生かして楽しく働く方法もあります。

出典: おひとりさま老後、働けるだけ働いて収入を得よう! [定年・退職のお金] All About

6. リスクを抑えた投資をする

定年後は利益は少なくても「ローリスク」が大前提

退職金の一部を使って投資をしようと考えている方は、どんな観点で銘柄を選んだらいいのでしょうか? 定年後に株式投資を始める際に、絶対押さえておきたいポイントについて解説します。

出典: 定年後に株式投資を始めるなら! [株・株式投資] All About

7. 健康管理はぬかりなく

稼ぐためには健康体があってこそ!健康維持の心得3つ

健康状態に自信はありますか? 60代を過ぎると、多くの人が体の中に“不安な箇所”を抱えています。大きな病気を早期発見・早期治療するためにも、健康診断はとても大切です。

出典: 健康維持のための3つのポイント [健康診断・検診・人間ドック] All About