歳をとるにつれ身長が縮むのはなぜ?

健康診断などで身長が縮んでいて「あ、もう歳なのかな」と思うことはありませんか?子供の頃は何センチ伸びたかを毎年楽しみにしていたのに、今となっては年々縮むばかり……なんて人生は耐え難いですよね。そもそも、年齢を重ねると身長が縮むのはなぜでしょう。

原因別に、改善法を解説します。

原因その1:猫背

人の身長が縮む一番の原因は背が曲がる、腰が曲がるといった「背骨の曲がり」によるものです。背骨の曲がりは、姿勢の悪さや、ヒトの直立する姿勢を支える胴回りの腹筋・背筋などの筋肉の衰えにより生じます。

3つのステップで「猫背」を矯正!

身長を縮める天敵は、やはり「猫背」。猫背は、ただ見た目が悪いとか身長が縮まるだけではなく、肩こりや背中の痛み・腰痛、さらには内臓の圧迫にもつながる不自然な姿勢です。キレイな姿勢を保つための3つのステップを紹介します。

出典: オフィスでできる猫背矯正法! [肩こり] All About

コツは「背を反らす」のではなく「胸を張る」

さらなる猫背改善のためには、「背中を反らさず、胸を張る」「骨盤に上半身の体重を乗せる」のがポイント。この感覚を意識しながら生活することが背筋の伸びに、つまりは身長アップに繋がります!

出典: 猫背改善のコツは「胸を張る」 [姿勢・仕草] All About

毎日10秒で猫背を治す「牛の顔ポーズ」のすすめ

毎日10秒でできる、猫背改善ヨガをご紹介。その名も「牛の顔ポーズ」。呼吸法を意識して、効果的に行いましょう。いきなり体型を変えることは難しいですが、日常にちょっとしたヨガを取り入れて、少しずつ失った背を取り戻しましょう。

出典: 毎日10秒、ネコ背を改善して好感度UP! [ヨガ] All About

原因その2:肥満

背骨の曲がりを引き起こす原因は、姿勢の他にもあります。たとえば「肥満」。肥満によって体の重心が移動してしまうのを、無理やり位置を保とうとして背骨のS字歪曲が強くなることがあります。

フォームを意識したランニングで中年過ぎても身長アップ!

気持ちだけではなかなか改善しづらい「姿勢の悪さ」と「肥満体型」。姿勢を矯正する一つの方法に筋トレがあります。しかし、筋トレだけでは面白くないし、肥満解消効果はあまり期待できません。体重を減らしながらよい姿勢を作るのに最適な「ランニング」をおすすめします。

出典: 中年過ぎてもランニングで背が伸びる? [ジョギング・マラソン] All About

原因その3:疲労

背骨の衝撃吸収材でもある「椎間板」が、重力の負荷により潰れてしまうことで、人の背は夜になると朝にくらべて2センチも縮むといわれています。

狙うは+2センチ!「椎間板」を意識してエクササイズ

毎日体にかかる重力と疲労で、背骨の衝撃吸収材でもある水分の多い「椎間板」が潰れてしまい、実際の身長が縮こまっている可能性があります。正しく疲労回復して「椎間板」をしっかり伸ばすことで身長を伸ばす簡単エクササイズをご紹介します。

出典: +2cm背が伸びる!? 腰痛予防を兼ねた簡単伸長法 [腰痛] All About