見積もりより「92.4万円オーバー」が平均

最初の見積もりより費用がアップしたカップルは7割以上

最初の見積もりをもらってから、料理のグレードを変更したり、ゲストの数が変わったりはよくあること。式後の請求書を見てビックリしないよう、会場担当者と費用面の打ち合わせを念入りにしておきましょう。

出典: 結婚式費用でよくあるトラブル事例 [結婚のお金] All About

原因1:「あれもこれも」と演出にこだわる

演出にこだわると披露宴の費用は青天井!?

演出の費用は意外と高いんです。スポットライト、音響、楽器使用など、演出にこだわると費用はグングン上がります。「これだけは外せない」という希望をあらかじめ決めておくといいでしょう。

出典: 結婚式場の見学時にしておきたい質問リスト [結婚式・披露宴の準備] All About

原因2:「一生に一度だから」とエステ・衣装代を奮発

女性は譲れないけれど、トラブルの元にもなりうる

「スペシャルな1日だから」と、ブライダルエステやメイク代などを奮発する新婦は多数派。とはいえ、ブライダル専用の美容代は、スペシャルに高いこともあります。日常の金銭感覚を保ちつつ、ほどほどの金額におさえておいたほうがいいかもしれません。

出典: ブライダルエステは「結婚のお金もめごと」になるかも [結婚のお金] All About

原因3:「格上げ」で金額アップ

「モデル見積り」より50万~100万円高くなるのがフツーな理由

プロのカメラマンにお願いしたい、エンドロールを流したい、料理をグレードアップしたい、引き出物はちゃんとしたものを…と積み重なっていくと、総額でかなりの増額に。

出典: 結婚式費用、予算の立て方 [結婚式・披露宴の準備] All About

原因4:会場の装花をケチりたくない!

お金をかけなくても豪華に見せる演出は可能

意外と盲点ですが、装花は値上がりポイントの1つ。お金をかければ豪華になりますし、ケチるとちょっと寂しい…。プロのフローリストに相談することで、コストを抑えつつ、華やかな会場を演出することも可能だとか。

出典: ウェディング費用の上手な使い方 [結婚式・披露宴の準備] All About

原因5:「見積もり漏れ」の費用もある

親族の衣装・着付け代など、見積書には載ってこない項目も

結婚式の打ち合わせを進めるうちに、親族の衣装や着付け、ゲストの増減など、こまごました変更により少しずつ費用が割り増しされていきます。小さな変更が重なると、大きな金額になるんです。

出典: 結婚式費用が見積もりよりも高くなるワケ [結婚のお金] All About