1. 「妊娠糖尿病」ってどんな状態?

「妊娠糖尿病」の妊婦が激増した納得の理由

「妊娠糖尿病」は、まだ糖尿病には至っていない、糖代謝異常(健常者より血糖値が高め)の状態。以前より、基準が厳しくなったことで、12%もの妊婦が「妊娠糖尿病」に該当するようになりました。

出典: 妊婦100人中12人が該当? 妊娠糖尿病の不安 [糖尿病] All About

高血糖が続くと赤ちゃんにも影響が!?

高血糖が続くことで、糖を過剰摂取したお腹の赤ちゃんが肥満児になり、通常の分娩ができなくなるという影響があげられます。新生児の高インスリン血症、低血糖に結びつく可能性もあります。

出典: 高血糖の母体だと赤ちゃんが危険? [糖尿病] All About

2. 「食事療法」で血糖値をコントロール

血糖値の変化を緩やかにする「ヘルシー食材」はコレ

積極的に摂取したいのが「ネバネバ食材」と「食物繊維」。食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。おすすめ食材やおいしく食べるレシピをご紹介します。

出典: 血糖値を下げるヘルシー献立レシピ [バランス献立レシピ] All About

大事なのはバランス! 必要な栄養素は欠かさない

「妊娠糖尿病」と診断されたら、気になるのが毎日の食事。血糖値の管理に気を取られ、食事のバランスが崩れていませんか? カルシウムや鉄分不足にならないように注意が必要です。

出典: 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About

3. ムリのない「運動療法」も効果的

血糖値コントロールにも、体重管理にも! おすすめ運動法

早産や流産の兆候がなければ、適度な運動を取り入れましょう。血糖値を下げるだけでなく、体重の管理や気分のリフレッシュといった嬉しい効果も期待できます。ウォーキング、スイミング、ヨガ、エアロビクスなどがおすすめ。

出典: 妊娠中の運動の楽しみ方と注意点 [妊娠の基礎知識] All About

妊婦OKなスポーツ、NGなスポーツ

安定期に入ったとしても、反射神経や瞬発力を要するスポーツはおすすめできません。NGなのは、激しい球技やジョギングなど、「血糖値をコントロールしなくちゃ」と躍起にならず、気持ちよくゆる~くできるスポーツを探しましょう。

出典: 妊娠中の運動・スポーツの注意点 [妊娠の基礎知識] All About