水出しコーヒーの作り方 (1600ml)

材料

・豆:80g(フレンチプレス用よりも、若干細く挽いたもの)
・新しいストッキング(ない場合は、お茶パックの袋)
・耐熱性のポット
・お湯:400ml(95℃)
・お水:1200ml

※用意する豆はお好みで。爽やかでフルーティーなコーヒーが好きなら、エチオピアやケニア。コクや程よい苦味のある味わいが好きならブラジルなどの豆を試してみて。

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

ステップ1

フレンチプレス用よりも細く挽いた豆を、ストッキングにいれ、口を閉じます。豆はお湯を注ぐとガスを発生して膨張するため、余裕をもって結びます。(ストッキングはコーヒーの風味がしっかり抽出されるよう、薄くて伸びる素材がおすすめ)

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

ステップ2

ポットにステップ1で作った豆を入れ、お湯400mlを注ぎ、少しかき混ぜます。

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

ステップ3

新鮮な豆はガスが発生し、水面に上がってきてしまうので、耐熱グラスを入れてコーヒー豆がお湯に浸るようにします。このように、最初にお湯でコーヒー豆を蒸らすことで、コーヒーの油分や甘さが抽出され、香りも豊かになります。そのまま30分置きます。

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

ステップ4

30分たったら、水を1200ml入れて、蓋をしめ、上下に振って拡散します。そのまま、8時間、冷蔵庫で漬けおきします。8時間たったら、ポットから豆を取り出します。(このとき、豆が含んでいる水分を絞らずに取り出します。)

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

ステップ5 完成!

氷の入ったグラスに注ぎ、できあがり!

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap

教えてもらったのは……

GLITCH COFFEE & ROASTERSの代表、鈴木清和氏。バリスタ世界チャンピオンの元で10年間、焙煎やクオリティコントロールを務め、自身も2014年のエアロプレス チャンピオンシップ 国内大会にて優勝。15年4月にオープンしたロースター併設のGLITCH COFFEE ROASTERSでは、1つの焙煎機を志の高いバリスタ仲間と共有しながらクオリティを追及する“シェア ロースティング プロジェクト”を始動。日本のコーヒーを世界に発信するリーダーのひとりだ。

出典: GLITCH COFFEE & ROASTERS - CafeSnap