まずは、超定番「日本三景」

【京都府・天橋立】神様が天に通うためのハシゴ?

京都府の日本海に面する宮津湾にある特別名勝。宮津湾の南側と北側の2ヶ所にある展望台からの絶景のほか、天橋立の中を歩いたり、観光船からの眺めを楽しんだりと、いろいろな角度から「天橋立」を楽しむことができます。

出典: 日本三景のひとつ、天橋立の絶景を見に行こう! [日帰り旅行] All About

【広島県・宮島】荘厳な海と夕日のドラマを楽しみたい

平家ゆかりの厳島(いつくしま)神社を中心とする安芸の宮島。宮島の景色それ自体も素晴らしいですが、シルエットになった大鳥居の向こうに夕日が沈みゆく、荘厳な自然のドラマのような眺めも心に刻みたいですね。

出典: 2/3 ガイドが思わず泣き崩れた……イイ名所 [名所・旧跡] All About

【宮城県・松島】松島や ああ松島や 松島や

「松島や ああ松島や 松島や」という句が、この絶景のすばらしさを端的に表現しています。この句は松尾芭蕉が詠んだといわれることがありますが、実際には芭蕉の作ではありません。奥州一の禅寺といわれる瑞巌寺も、松島観光のおすすめスポット。

出典: 電脳松島絵巻 - 松島観光協会

これはスゴイ! ガイドおすすめの絶景スポット

【群馬県・妙義山】まるで中国・桂林!

浸食によってできた不思議な形をした山々や奇岩が立ち並ぶ妙義山周辺の景観は「日本三大奇勝」のひとつに数えられます。妙義山登山の後は、軽井沢までドライブ! そこにも絶景が!

出典: まるで中国・桂林! 日本三大奇勝・妙義山を歩く [日帰り旅行] All About

【京都府・保津川渓谷】トロッコ列車と川下りでめぐる

嵐山・嵯峨野は、京都の中でも人気の観光エリア。風情ある竹林の散歩道を歩いた後、ダイナミックな保津川渓谷に沿って走るトロッコ列車で亀岡まで行き、帰りは保津川下りを楽しみながら嵐山に戻るモデルコースがおすすめ!

出典: 3/3 【一人旅】はじめての京都 歩き方入門 [一人旅] All About

【千葉県・鋸山】思わず足がすくむ「地獄のぞき」

千葉県房総半島にある「鋸山(のこぎりやま)」は、山全体が日本寺の境内。思わず足がすくむようなスリリングな山頂の展望台は、通称「地獄のぞき」と呼ばれており、東京湾、房総半島、富士山等が見渡せます。

出典: 鋸山 日本寺 公式サイト | 境内案内:山頂エリア

海、山、砂丘! 大自然を堪能する絶景スポット

【兵庫県・竹田城跡】日本のマチュピチュ

「日本のマチュピチュ」といわれ人気の高い竹田城跡。ベスト撮影スポットは、竹田城跡と、円山川や鉄道の線路をはさんで相対する「立雲峡」から。雲海に浮かぶ竹田城の姿はまさに天空に浮かぶ城!(竹田城跡の雲海は、9月~11月の朝が発生しやすいです)

出典: 概要案内 | 朝来市

【沖縄県・万座毛】沖縄定番の絶景スポット

「万人が座れる広い草原」を意味する万座毛。日中のブルーサファイア色に輝く海も素晴らしいですが、夕日色に染まるサンセットの時刻もまた格別! ダイビングやカヤックなども楽しめます。

出典: 沖縄定番の絶景ポイント「万座毛」 [沖縄の観光・旅行] All About

【北海道・雲海テラス】天空の奇跡が広がる!

『星野リゾート トマム』の絶景スポット。ゴンドラに乗り、「雲海テラス」へ上ると、日高山脈を越えて流れ込む、ダイナミックな雲海が眼前に広がります。雲海を狙うなら夏期の早朝がおすすめ。

出典: 雲海テラス|星野リゾート トマム

【北海道・美瑛の青池】ひっそりたたずむ神秘的なブルー

神秘的なブルーが美しい「青池」は美瑛町の端、白金温泉の近くにひっそりとたたずんでいます。池の水の青さと、カラマツなどの木々が立ち枯れている様子、周りを囲む白樺の林…それらが織りなすコントラストがたまりません!

出典: 北海道の神秘の「青い池」は必見です! [富良野・美瑛の観光・旅行] All About

【鳥取県・鳥取砂丘】大自然の神秘を歩こう!

砂漠って憧れませんか? どこまでも続く一面の砂とラクダの隊商、アラビアンナイトの世界…。国内で、これに近い雰囲気が味わえるのが鳥取砂丘。砂丘の中を遊覧してくれる観光馬車や、ラクダに乗って遊覧することもできます。

出典: 大自然の神秘、鳥取砂丘を歩こう!【鳥取】 [名所・旧跡] All About

【東京都・東京タワー】東京のど真ん中の絶景スポット

東京に住んでると意外と行かない東京タワー。夜景が美しいだけでなく、ガラス張りの床から地上を見下ろせるルックダウンウィンドウも必見! 2015年6月1日から8月31日まで「天の川イルミネーション」が点灯しています。ぜひこの機会に東京タワーへ!

出典: 東京タワーの夜景と天の川イルミネーション [夜景・イルミネーション] All About