喜多方ラーメン

源来軒

あっさりとした醤油味が特徴の「喜多方ラーメン」。その喜多方ラーメン発祥のお店と言われているのが「源来軒」です。創業は、大正時代末期。現在も麺は手打ちするなど、伝統の味を守り続けています。

出典: 大正時代より続く喜多方ラーメンの元祖 | 源来軒 - 会津若松市の観光・食事・喜多方ラーメン・求人|ぐるっと会津 - 会津若松・喜多方・猪苗代の食事・グルメ・ランチ・居酒屋 中華・ラーメン 喜多方老麺会・喜多方ラーメン

円盤餃子

元祖円盤餃子 満腹

福島県の餃子は、独特の形状をしています。円盤状に並べて焼き、そのままお皿に盛られるのが特徴です。この円盤餃子の元祖と言われているお店が「元祖円盤餃子 満腹」。昭和28年に創業しました。沢山の有名人も訪れた店内には、サイン色紙が所狭しと飾られています。一皿30個入り(1,500円)の円盤餃子は、さっぱりしているので一人で食べきれるそうです。

出典: 福島市 元祖円盤餃子の店 満腹

会津そば

桐屋・権現亭

福島県・会津地方は、全国でも有数の蕎麦の里です。蕎麦はご馳走として、祝い事などで振舞われてきました。この伝統的な蕎麦を楽しめるお店が、昭和46年に創業した「桐屋」。会津産の玄そばと、自家製麺・手打ちにこだわっています。「桐屋・権現亭」では「こだわりそば三種盛り」(1,750円)がオススメです。名物「飯豊権現そば」、石臼で挽いた「会津頑固そば」、新品種の「会津のかおり」を一度に楽しむことができます。

出典: あいづ桐屋

なみえ焼そば

浪江名物元祖焼きそば 縄のれん

福島県双葉郡浪江町で生まれたご当地グルメが「なみえ焼きそば」。腹持ちの良いように、労働者向けに考案されたと言われています。特徴は、太めの麺と濃厚なソース。具材は、モヤシと豚肉が基本です。この「なみえ焼きそば」の元祖と言われているのが「浪江名物元祖焼きそば 縄のれん」。昭和の香り漂うこじんまりとした店内で、庶民の味をお楽しみ下さい。

出典: 浪江名物元祖焼きそば 縄のれん | いわき/浜通り | ヒトサラ

会津カレー焼きそば

トミーフード

福島県・会津発のB級グルメが「会津カレー焼きそば」です。昭和50年代から始まったカレー焼きそばは、ソース味の焼きそばにカレーをトッピングします。この会津カレー焼きそばの元祖となるお店が「トミーフード」。昔から変わらないカレー焼きそばが、500円で提供されています。

出典: 会津カレー焼きそば トミーフード

こづゆ

渋川問屋

福島県・会津地方のソウルフード「こづゆ」。江戸時代から広まった、内陸部でも入手可能な海産物の煮物料理です。現在も冠婚葬祭などの場で、欠かせない料理となっています。この「こづゆ」を味わえるのが「渋川問屋」。料理だけでなく、宿泊もできるお店です。オススメは、祭り御膳「鶴」(2,200円)。こづゆはもちろん、ニシン料理を楽しめるお膳です。

出典: レトロな雰囲気を味わうなら - 渋川問屋の口コミ – トリップアドバイザー

いかにんじん

松前漬専門店 有限会社にししん

福島県の県北・県中地方で、江戸時代頃から親しまれてきた「いかにんじん」。一般家庭の冬のおかずや、お正月に欠かせない料理です。作り方は、細く切ったスルメとにんじんを、醤油などで味付けするだけ。ご家庭ごとに味も違う、まさに福島県民のソウルフードです。「松前漬専門店 有限会社にししん」では、通信販売を行っています。

出典: 松前漬専門店 有限会社にししん 商品紹介

天ぷらまんじゅう

日乃出屋

福島県・西部の会津地域の伝統的な家庭料理が「天ぷらまんじゅう」。祭事や来客時に、良く利用される料理です。おやつとしてだけでなく、おかずとしても活用されています。この天ぷらまんじゅうが美味しいと評判のお店が「日乃出屋」。中ノ沢温泉にあるお店では、自家製の餡だけを使用した温泉まんじゅうの天ぷらを販売しています。

出典: おいしさづくり 日乃出屋 >>> 日乃出屋のお菓子