長崎といえば名物「ちゃんぽん」

長崎ちゃんぽんとは?

野菜や豚肉、魚介類などの具材、豚骨や鶏ガラのスープ、中国・上海から伝わった唐灰汁(とうあく)を加えて作った柔らかな麺を合わせた麺料理。

出典: ちゃんぽん・皿うどん|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

ちゃんぽん誕生は明治時代。もともと中華料理店『四海樓』の創業者がお腹をすかせた中国人留学生のために作っていたのが、あまりのおいしさで評判を呼び、たちまち長崎を代表する麺料理になったという味な歴史をもちます。

リンク: ちゃんぽん・皿うどん|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

食べるとクセになる「トルコライス」

トルコライスって知ってる?

長崎のご当地グルメとして有名なトルコライス。ピラフ、スパゲティ、とんかつが一皿に盛られたボリュームある一品です。

出典: 長崎の美味しい食べ物|長崎トルコライス

トルコライスとは、1枚の皿にカツとピラフとスパゲッティが乗った食べ物。カツはハンバーグになったりステーキになったりすることもある。ピラフも焼き飯になったり。様式が決まってるようで決まってない

リンク: トルコライス最新事情 - デイリーポータルZ:@nifty

絶品海の幸をたっぷり堪能

長崎のお魚が美味しい理由とは?

長崎は三方の海に囲まれた土地。プランクトンが豊富な対馬海流に、回遊する魚が流れ込んでいるから。さらに、おいしい魚をさらに引き立てる、地元特産の甘さが特徴の刺身醤油。コリコリ新鮮なお刺身にちょっと付ければ、魚の味がぐっと深まります。

出典: 魚の美味しいまち 長崎|ちゃんぽん・皿うどん|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

ランチにおすすめグルメ

佐世保バーガー

昭和25年頃、駐在する米海軍から直接レシピを聞いて、作ったのがきっかけで生まれたハンバーガー。現在、佐世保市内に“佐世保バーガー”として認定されている店は、約20店舗もあります。各店味わいが違うので、色々食べて自分好みのお店を見つける楽しみも♪

出典: アメリカ生まれの佐世保育ちバーガー|競い合うご当地グルメたち!|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

ど〜んと丼ぶりメシ

「さいかい丼」「魚島来めし(おとこめし)」「うに丼」など、地元食材をてんこ盛りにした丼ぶり飯がブームになっている長崎。特に魚島来めし(おとこめし)は、元々漁師さんが食べていた料理だけあって、新鮮な海鮮をがっつり堪能できるおすすめの丼ですよ!

出典: 海鮮満載!ご当地どんぶり合戦!|競い合うご当地グルメたち!|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

トンポーロー

中華料理で有名なトンポーローを、パオと呼ばれるおまんじゅうで挟むのが長崎スタイル。長時間じっくり煮込まれた豚肉は、トロトロと口の中でとろける食感に。パオに挟んで、お好みで茹でほうれん草をのせて、がぶりとかぶりつきましょう♪

出典: ちゃんぽんだけじゃない 長崎新地中華街 必食グルメ3|ザ・長崎発祥グルメ!|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

夜ならコレがおすすめ

長崎が誇るブランド牛「長崎和牛」

驚くほどの柔らかさと、肉本来の旨味が味わえる赤身、軽やかな脂身が魅力の長崎和牛。長崎和牛の中でも、さらにブランドは細かくあり、平戸・雲仙・壱岐・五島の4大ご当地和牛の味わいは格別と言われています。

出典: ミネラル豊富な牧草で育った4大長崎和牛|新鮮素材・直球勝負!|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

豪華絢爛な卓袱料理(しっぽくりょうり)

大皿に盛られた中華、和食や洋食の料理が混ざったコース料理を、円卓を囲んで自由に取り分けて食べる伝統料理。冠婚葬祭などで使う、ハレの日のお料理として親しまれています。

出典: ~歴史と共に味わう~ 伝統料理|グルメ|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

鯛の塩釜焼き・鯛めし・鯛茶漬け

鯛類の漁獲量全国No.1の長崎では、色々な鯛料理を食べることが出来ます。全体を塩で包み焼いて、味がぎゅっと詰まった塩釜焼きや、お米と一緒に炊き上げる鯛めし、新鮮なお刺身と番茶やお出汁をかけていただく鯛茶漬けなど。ぜひ、ご堪能ください!

出典: 本日は鯛づくしなり!長崎名物3大鯛料理|新鮮素材・直球勝負!|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット