自分が何を目指していたのかわからなくなった

突然ですが、あなたは次の3つのうち、どの視点に近いですか?
1. 周りはすごいけど、私は大したことないと思う
2.「あいつのせいだ」とイラつくことが多い
3. 私の良いところも他人の良いところも分からない

リンク: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

1は「私はNot OK、あなたはOK」という自己否定や劣等感に満ちた視点、2は「あなたはNot OK、私はOK」という他者攻撃的で自己中心的な視点、3は「私もあなたもNot OK」という虚無的で絶望的な視点です。
このような「Not OK」の視点を持つことは、とてもストレスのたまることです。

リンク: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

1. 競争社会のストレスに勝つのは「私もあなたもOK」の発想

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。実は、「私もあなたもOK」という発想なのです。この意外な発想が不要なストレスをなくし、結果的に競争社会での勝利をもたらすメカニズムについてお伝えします。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

心のエネルギーが弱まってきた

ストレスフルな日常をこなしていくと、いつしか心身ともに疲弊して、やる気が起こらなくなってしまうことがあります。これが続いた状態を「燃えつき症候群」(バーンアウト)といいます。

リンク: 頑張る人が抱える「バーンアウト」のリスク [ストレス] All About

バーンアウトに近づくと、心や体にずっしりとした疲れを感じ、寝ても休んでも疲れが抜けない感覚を覚えます。感情が摩耗して他人のことなどどうでもよくなり、事務的な対応しかできなくなってきますし、あれほど意欲を燃やしてきたことにも、気持ちが動かず、やる気を失ってしまいます。

リンク: 頑張る人が抱える「バーンアウト」のリスク [ストレス] All About

2.「仕事の私」のイメージは私の全部ではない

サービス業、営業、教師、医療、介護など、感情を使って人に接する仕事につく人は、ストレスをためやすいものです。そうした「感情労働者」は、息切れせずに仕事を続けていくために、どんなことを気をつけるべきなのでしょうか?

出典: 「感情」を使う仕事につく人の「心」の守り方 [ストレス] All About

環境、人に合わせることに苦痛を感じる

環境や人間関係に適応できずに支障が出ることを「不適応」といいますが、一方で、合わせすぎて支障が出ることを「過剰適応」といいます。

リンク: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

過剰適応の状態が続くと、達成感や周囲の評価が麻薬のような興奮剤となり、心身の疲労にも気づきにくくなります。そのため、健康を害してまで、自ら負担を増やしてしまうことも少なくないのです。

リンク: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

3. 「何も断らないこと」 は自分を傷つけてしまう

何かを頼まれたとき、断れずにたくさん引き受けすぎてしまうクセがありませんか? それほどまでに、頑張りすぎてしまうのはなぜ? その原因と対策について考えましょう。

出典: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

どんなに頑張っても、ずっと不安がつきまとっている

人前に出るとうまくしゃべれない、本番になると頭が真っ白になってしまう――こんな不安に取りつかれやすい人は、人生のあらゆる場面で「生きにくさ」を感じていることと思います。しかし、そんな自分を取り巻く不安な気持ちは、実は「向上心」の表れであることをご存じでしょうか?

リンク: えッ!「不安」な心の持ち主は「向上心」の強い人!? [ストレス] All About

4. 「不安」な心は「より良く生きたい」という気持ちのあらわれ

人前で話すことや挑戦場面への不安が強く、対人関係にも人生にも自信を持てなくなってしまう。そんな「不安」な気持ちはなぜ生じるのでしょう。森田療法の代表的なキーワードをもとに、不安への捉え方を180度変えるヒントをお伝えします。

出典: えッ!「不安」な心の持ち主は「向上心」の強い人!? [ストレス] All About

素の自分に戻り、心休まる瞬間が少なくなっている

心が潰れるような大きなダメージを受けたとき、お金や物資、知力、体力、保険や保障が万全でも、それだけでは心の傷は癒せず、膨らむ不安を薄めることもできません。つらさや不安を受け止め合い、頑張らない自分でいても許される場があってこそ、何が起こるか分からない世の中に踏み出す勇気が持てるものです。

リンク: 「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ [ストレス] All About

5. 自分をさらけ出せる「こころの安全基地」を複数持とう

ストレスあふれる現代に必要なものは、お金、保障・・・・・・ところで、かけがえのないものを忘れていませんか? 傷ついた心を癒し、明日に一歩踏み出す力を与えてくれる「こころの安全基地」を確認しておきましょう。

出典: 「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ [ストレス] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項