ランニングとスポーツ医学

『BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”』

全米20万人の走りを変えたと称された本の日本語翻訳版。読み始めたら最後まで突っ走るスポーツノンフィクションであり、走ることへのチャレンジストーリーであり、そしてスポーツ医学からの視点でランニングを科学する非常に興味深いサイエンス本です。

出典: Amazon.co.jp: BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”: クリストファー・マクドゥーガル, 近藤 隆文: 本

自転車ロードレースの魅力にはまる

『サクリファイス』

自転車ロードレースを舞台とした物語。エースとアシストという立場で葛藤する登場人物の描写とストーリー展開にどんどん引き込まれていきます。ロードレースについてあまり詳しくない人でも読みやすく、スポーツにかける熱い思いを感じさせる一冊です。

出典: Amazon.co.jp| サクリファイス (新潮文庫)| 近藤 史恵| 新潮社

山登りの魅力に迫る

『春を背負って』

秩父の山小屋を舞台とした連作の短編小説です。登場人物一人一人が背負っている「心の荷物」が、登山をとおして変化していく様子が鮮やかです。季節の移り変わり、自然の美しさ、人の優しさに触れ、読後は山登りをしたくなる人も多いのではないでしょうか。

出典: Amazon.co.jp: 春を背負って (文春文庫): 笹本 稜平: 本

上手くなるには「コツ」がある

『上達の原則』

うまくなるには「コツ」があるというのを実感させられる本。「すぐにつかえる上達のコツ」として段階に応じた具体的な行動を紹介しています。「素質がある人にはかなわない」と思っている人こそ読んで実践し、そのプロセスを体験してほしいと思います。

出典: Amazon.co.jp: 300人の達人研究からわかった 上達の原則: 北村勝朗: 本

逆境を力にかえて生きる

『左手一本のシュート~夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』

10万人に一人という難病に冒されながらも「バスケットボールをもう一度やりたい!」という強い思いがそれを実現させた奇跡のノンフィクション。あの日があったから今の自分がある、という田中少年のひたむきな姿に心を大きく揺さぶられます。

出典: Amazon.co.jp| 左手一本のシュート: 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活 (小学館文庫)| 島沢 優子| 小学館| 本