インナーマッスルとは?

筋肉は体の中心――つまり骨に近い部分から、何層にも重なって構成されています。その中でも、中心に近い、深い部分にある筋肉のことを、インナーマッスルと呼んでいます。普段私たちが目にしているのは外側の筋肉(アウターマッスル)で、一般的な筋トレで鍛えられるのも、ほとんどがこのアウターマッスルです。

リンク: インナーマッスルを鍛えてコンディションUP [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

インナーマッスルを鍛えることで、疲れにくい体質にもなれるようです。

関節を安定させる役割もあるので、コントロールした動きをスムーズに行えるのもインナーマッスルの働きと言えるでしょう。

リンク: ミニボールを使ってインナーマッスルを意識! [エクササイズ] All About

インナーマッスルには、関節の動きをなめらかにする役割があります。またお腹のインナーマッスルには「ガードルマッスル(腹横筋の通称)」があり、筋肉がガードルとなってお腹を引き締めてくれる役割のものあります。

ジムに行かず自宅できる! お腹のインナーマッスルの鍛え方

全然キツくない! 簡単ドローインでインナーマッスルを鍛える方法

30秒間、背筋を伸ばしてお腹を背中にくっつけるイメージでお腹を凹ます「ドローイン」エクササイズ。運動と言えるほどのものではなく、日常生活の中でのちょっとした時間に、呼吸法を意識することでインナーマッスルを鍛えることができます。

出典: 2/2 即お腹凹せ!休眠筋肉を目覚めさせる簡単ドローイン! [簡単ダイエット] All About

ミニボールを使ったインナーマッスルの鍛え方

お腹を引き締めてくれるインナーマッスル「ガードルマッスル」を鍛えることができるミニボールを使ったエクササイズ。骨盤を安定させることを意識しながら、動きをコントロールすることでインナーマッスルを鍛えることができます。

出典: ミニボールを使ってインナーマッスルを意識! [エクササイズ] All About

チューブを使ってお腹のインナーマッスルを鍛える方法

チューブを使ったインナーマッスルを鍛えるトレーニングは、筋肉に対して余計な負担をかけずに怪我が少ないというメリットがあり、再び注目を集めています。背筋をピンと伸ばしてお腹を引き上げるようにイスに腰掛けて、背中の筋肉をチューブを動かします。

出典: 2/2 「チューブダイエット」で効率良く痩せる! [パーツ別ダイエット方法] All About

ヒップアップさせるインナーマッスルトレーニング

美しいヒップラインを手に入れる下半身のインナーマッスルの鍛え方

古新聞を使った下半身のインナーマッスルを鍛える方法です。滑りにくい床の上に広げた新聞の上に立ち、両足で新聞を引き寄せる運動を行ないます。このエクサイズを毎日1回を行なうと一ヶ月後には、下半身が引き締まってきたことを実感できるはずです。

出典: 下半身を引き締める3つの方法 [姿勢・仕草] All About

美知りになるインナーマッスル・ストレッチ

体幹部(胴体)のインナーマッスル「大腰筋」をストレッチすることで、凝り固まったインナーマッスルに柔軟性をもたせることができます。腰痛予防とヒップラインアップに効果があるエクササイズです。

出典: 3/3 インナーマッスルストレッチで美尻をゲット [ヒップアップ] All About

ジムに行かなくてもできるインナーマッスルの鍛え方・ヒップケア

骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えることができるエクササイズ「ヒップリフト シングルレッグ」です。ピンポイントで負荷をかけることで、ヒップアップ効果を高め、太ももの引き締めにも効果があるインナーマッスルの鍛え方です。

出典: 2/3 自宅で体幹トレーニング ~ヒップケア編~ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

腕や肩のインナーマッスルを鍛え方

腕全体をねじる運動でインナーマッスルを鍛える

この「二の腕ねじり運動」は、両足を肩幅くらいに広げて立ち、手のひらを開いた状態でまっすぐに伸ばして、内側と外側にねじるだけの運動です。腕のインナーマッスルだけでなく、胸筋や背筋も刺激し猫背の矯正や形の良いバストにもなる効果も期待できます。

出典: 「二の腕ねじり運動」でしなやかな腕づくり! [二の腕ダイエット] All About

肩のインナーマッスルの鍛え方

この肩のインナーマッスルを鍛えるエクササイズは、踵の上げ下げと連動するように両手も上げ下げします。この時、肘は曲げずにゆっくりと動作することがポイントです。
肩のインナーマッスルをはじめ、腹筋やふくらはぎの筋肉も刺激することができます。

リンク: 【肩のインナーマッスル、むくみ解消に】外旋、カーフレイズ - YouTube

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項