化粧崩れを防ぐには、お化粧前のスキンケアが重要

お肌の中に水分が十分にあると、余計な皮脂も分泌されにくくなるので、お化粧崩れも防げます。朝はどうしても時間がなく、お化粧もササッと軽くしてしまいがちですが、朝からスキンケアに時間をかけてあげることが、「崩れない女」への第一歩です!

10分間のシートマスクと乳液後のプッシュマッサージ

シートマスク後に、化粧水ローションで水分補給をしたら、水分が出ないように乳液で優しくフタをしてあげて。全体に乳液を馴染ませたら、手のひら全体で顔を優しく押さえましょう。まずは額、次に頬といった順番に、ゆっくりと優しく手で顔を覆って。手の体温で乳液を肌に浸透させるテクニックです。

出典: 化粧崩れを防ぐには、スキンケアが重要だったんです! 

パウダリーファンデーション+水スポンジは、化粧崩れの元!

普通のパウダリーファンデーションを水を含ませたスポンジでつけるのはNG !肌に上手く乗らなくなるだけでなく、余計乾燥してしまうかも…。保湿系化粧水を顔から少し離した位置からシュシュッとスプレー。スプレーした後は、化粧水を肌に浸透させるように優しくティッシュで肌をおさえましょう。

出典: 2/2 化粧崩れを防ぐには、スキンケアが重要だったんです! "崩れない"朝のスキンケアのコツ [メイク・メイクアップ] All About

プロの現場で実践されているテクニックも…!

長時間のフライトに耐えるCAさんや、暑いライトやロケに耐えるモデルの美肌を守るプロのメイクさんも、ベースメイクの段階でひと工夫することで厳しい環境を切り抜けているみたい!

メイクさんは、エアコンで部屋の温度を下げてからメイク

少しでも暑い中でメイクしていると、皮脂や汗がでてきて、メイクしている最中から崩れが始まってしまいます。どうしても時間が無い時や、瞬間的に部屋が冷えない、そんな場合は冷水に浸したタオルを絞って、首に巻いて体温を下げます。

出典: 2/2 日焼け止め乳液によるメイク崩れの原因はコレ!! 夏にだって負けないベースメイク [ベースメイク] All About

CAのメイクが崩れない理由は3つのマル秘テクニック

「パウダー系はすぐに重ねない」、「ファンデーションは必要なところに必要な分だけにしかつけない」、「皮脂は取りすぎない」という3つのコツが、長時間崩れない、崩れても目立たないベースメイクに仕上げるのが、厳しい環境のフライトの間にも、美しいベースメイクをキープするコツなんだとか!

出典: CAも実践!長時間崩れないベースメイクのコツ3つ [化粧品・コスメ] All About

最後に、肌タイプに合ったベースメイクを!

スキンケアのあとには当然メイクアップが必要。自分の肌質に合ったファンデーションを使っていますか? あなたのメイク崩れの原因は、間違ったファンデ選びのせいかも?

乾燥肌さんはリキッドファンデとクリームファンデ

乾燥肌なのに、パウダー系のアイテムを使っていると、粉っぽくなったり、乾燥崩れをしてしまったり、シワなどのトラブルを作る原因に。リキッドやクリームタイプのファンデーションは保湿効果が高く、一日中潤いのある肌を保つ事が出来ます。

出典: 自分に合ったファンデ選びで崩れない肌に! [ベースメイク] All About

オイリー肌はパウダリーファンデとスティックファンデ

パウダーファンデやスティックファンデは、オイリー肌特有のテカリをカバー。カバー力に欠ける場合は、コンシーラーを併用してみて。スティックファンデーションは、カバー力が抜群なので、肌に直接のせて指で馴染ませたら、全体をスポンジで叩いてムラを無くし、仕上げにルースパウダーを馴染ませれば完成!

出典: 2/2 自分に合ったファンデ選びで崩れない肌に! [ベースメイク] All About