定形外郵便(郵便局)

最も利用される郵便局の定形外郵便

最も利用されているのが郵便局の定形外郵便。補償はありませんが、格安です。重さによって料金が変わるので、軽いものであればこれがオススメ。郵便局の窓口に持って行く必要があるので、場合によっては平日しか利用できないこともあります。

出典: オークションの鉄則! 商品の発送方法は複数用意する [ネットオークション] All About

レターパック(郵便局)

360円か510円で全国に送れるレターパック

専用の封筒に入るものであれば、料金が一律です。360円の方は厚みが3センチまで。510円の方は厚みに制限はありません。重さは4キロまでなので、けっこう色々なモノが送れるので私もヘビーユーザー。ポスト投函が可能です。

出典: オークションの鉄則! 商品の発送方法は複数用意する [ネットオークション] All About

ゆうパックや宅急便

貴重品や壊れものは補償があるゆうパックや宅急便で!

ガラス製品や精密機械などの壊れモノ、そして貴重品などは万が一のときの補償があるゆうパックや宅急便で送ります。補償がある分料金は高くなりますが、やはり安心です。送る場所と荷物のサイズによって料金は変わります。

出典: ゆうパック - 日本郵便

はこブーン

大きくても軽いモノを送るときは、はこブーン

はこブーンは、重さによって料金が変わります。なので大きくても軽いモノははこブーンがお得。しかも料金は若干安め。自宅で送り先などを入力して、ファミリーマートのファミポートで手続きをします。なので24時間発送可能。

出典: 大きくても軽いモノを送るときは、はこブーンがお得 [ネットオークション] All About

ゆうメール(郵便局)

重さがある本は、定形外郵便よりもゆうメールの方がお得

本や冊子などの印刷物、CD・DVDを送るときには便利。特に本は重さがあるので、定形外郵便では思った以上に料金がかかることも。重さは3キロまでOK。封筒に「ゆうメール」と書いて中身が確認できるように封筒に切り込みを入れておきましょう。

出典: ゆうメール - 日本郵便

宅急便コンパクト(ヤマト運輸)

小さいモノを専用のボックルで送る宅急便コンパクト

通常の宅急便の最小サイズは60。それよりも小さな荷物を専用ボックスを使ってお得に送れます。専用のボックスは1つ65円かかります。クロネコメンバー割 BIG、デジタル割、持込割を使えば料金が安くなるので、こちらもサービスも利用したいところ。

出典: ヤマト運輸の新サービス!宅急便コンパクトの活用法 [ネットオークション] All About