1. 吐き気とのたたかい「吐きづわり」

吐き気を和らげるための10のコツとは

吐きづわりの方は、「どうしてこんなに辛いの?」と弱音を吐きたくなることもあるかもしれません。病気ではないため特効薬はありませんが、軽減するための対策をとることはできます。

出典: つわりを軽減する10の対処法 [妊娠初期] All About

胃のムカムカに!背中のコリほぐし

胃がムカムカして気持ち悪い時には、首筋から背中にかけての筋肉がコリ固まっていることも。温めたりほぐしたりすることで、気持ち悪さが軽減されることもあるそうです。

出典: つわりを楽にする背中のコリほぐし [肩こり] All About

2. いつも食べていたい「食べづわり」

食べづわりを健康的に乗り切る方法

常に食べていないと気分が悪くなるのが「食べづわり」の特徴。食べづわりの妊婦さんにとって、血圧や体重増加にも気を配らなければならないのが大きな悩み。炭酸水やハーブティー、温かいスープを上手に取り入れ、健康的に食べづわりを乗り切りましょう。

出典: 妊娠中の「食べづわり」がその後の体重増加に影響!? [食事ダイエット] All About

空腹が怖い……食べづわりを和らげる知恵

食べづわりの方の中には「空腹が怖い」という妊婦さんもいます。酸味があるレモン飴、ラムネ菓子、減塩の梅干、ガム、ビスケット、小さめのおにぎりなどをバックに常備しておくと良いでしょう。

出典: 妊娠中の悪阻(つわり)を楽にする方法 [妊娠の基礎知識] All About

3. いつも眠い「眠りづわり」

眠りづわりには上質な睡眠が大事

つわりは赤ちゃんからの「ぼく(わたし)、いるよ」という知らせだそうです。幸せな知らせですが、やはりつわりは辛い! 中には、周囲になかなか理解されづらい「眠りづわり」があるのをご存じでしたか?

出典: 働く妻のつわりケア 夫のアクションプラン [出産準備] All About

4. 病院へ行くべき「妊娠悪阻」

それって「妊娠悪阻」かも!水を飲めなくなったら病院へ

ひどいつわりは「妊娠悪阻」かも。「水が飲めない」、「尿が出なくなった」、「体重が4~5kg減った」といった症状があらわれたら、脱水症状を起こしている可能性があります。脱水症状が起こる前に、病院で診察を。病院で点滴を受けるなどの適切な処置を受ける必要があります。

出典: いつまで続く?つわりの時期と症状 [妊娠初期] All About