ランチにおすすめ

森の中の古民家カフェで本格派のピザやカレーを堪能【ふくカフェ】
森の中の古民家カフェで本格派のピザやカレーを堪能【ふくカフェ】

築100年を超える古民家を改装したカフェ。自家製の焼きたてワッフルやピザのほか、職人がイチから作る本格カレーも楽しめます。こだわりの豆を使ったコーヒーは、挽き立ての香りがふわりと広がる一杯。自然光が降り注ぐ店内で、穏やかな食後のひとときを楽しめそう。【ページ停止】

出典: ふくカフェ

淡路島産の食材を使ったランチが魅力の絵本カフェ【Paku Paku】
淡路島産の食材を使ったランチが魅力の絵本カフェ【Paku Paku】

懐かしい絵本たちがずらりと並ぶカフェでは、生しらすのペペロンチーノや、淡路島産の玉ねぎをふんだんに使用したカレーなど、島で採れる豊かな食材を使ったランチが味わえます。「どの絵本にしようかな?」と悩む時間も楽しい。大人も子どももウエルカムなやさしい雰囲気のカフェです。【ページ停止】

出典: 緑あふれる絵本のあるカフェ - café PakuPaku

温泉もランチも楽しめる!【ホテルニューアワジ】の日帰りカジュアルプラン

淡路牛の牛丼や、新鮮な魚介類を使った海鮮丼など、選べるランチと温泉がセットになったお得な日帰りプランです。淡路牛のステーキや懐石といった贅沢ランチもあるので、旅のプランに合わせて選んでみては?

出典: 日帰りカジュアルプラン | ホテルニューアワジ | 淡路島の温泉 旅館

海鮮がおすすめ

新鮮な魚介類をその場で焼いて食べられる【新島水産】

海産物の卸し会社が直営するお店です。新鮮なアワビ、サザエ、大アサリなどの魚介類をその場で焼いて食べる海賊焼きが人気。お造りやウニ丼などもあり、淡路の海の幸を心ゆくまで堪能できます。ビール片手に楽しみたい!という方は、タクシーなどを利用しましょう。

出典: 海賊焼・鍋コーナー施設の紹介

淡路の海の恵みがどーんと乗った海鮮丼【きとら】

淡路島近海で採れた海の幸を使った海鮮料理が食べられるお店です。おすすめは、旬の魚介類がどーんと乗った海鮮丼!淡路の海の旨みを贅沢に堪能できます。お造り、焼き物、天ぷらなどメニューも豊富。昼は定食やセットで楽しめます。

出典: 海鮮料理 きとらホーム

プリプリの生しらすを特製だれで!【絶景レストラン うずの丘】

鳴門海峡を見渡しながら淡路島の絶品グルメが食べられるレストラン。おすすめは何といっても生しらす丼です。明石海峡で採れた新鮮なしらすを使った丼が、特製だれでいただけます。ほかにも、ウニやタコ、淡路牛や玉ねぎなど、淡路の恵みをとことん堪能できるレストラン。メディア掲載多数の人気店です。

出典: 絶景レストラン うずの丘 | うずのくに.com 淡路島物見遊山【淡路島観光グルメ情報サイト】

淡路牛が食べられるお店

甘い脂がとろける淡路牛を焼き肉で楽しむ【焼肉 平松】

サシが細かく脂が甘い淡路牛を、リーズナブルな焼肉で楽しめるお店です。ランチの平均予算はおよそ2500円。タン、ハラミ、ロースなど、どこを食べても淡路牛のおいしさが実感できます。数量限定の特選上ロースは、とろけるような脂の甘み。歯ごたえも楽しみたい方は特上ハラミをぜひ。

出典: 焼肉 平松 | 淡路島 | ヒトサラ

淡路牛をハンバーグやステーキで堪能できる【ビーフランド大公】

きめ細かい肉質が特徴の最上級淡路牛を、ステーキやハンバーグで提供する店。桜島の溶岩を使った石焼きステーキは、肉の旨みが凝縮され、噛むほどに甘い上質な脂が口の中に広がります。数量限定の手作りハンバーグは売り切れ続出の人気メニュー。しゃぶしゃぶやすき焼きも楽しめます。

出典: ビーフランド大公 - bi-hurandtaikouのJimdoページ

知ってる? 淡路島バーガー

淡路島の食材を使って島内で作られたものだけが名乗れる【淡路島バーガー】

淡路島のご当地バーガー【淡路島バーガー】は、淡路の豊かな海と温暖な気候によって育まれた、淡路島ならではの食材をふんだんに使ったハンバーガー。島内で作られたものだけが「淡路島バーガー」と名乗れます。淡路牛、玉ねぎ、海の幸・・・主役が店によって異なるからこそ、食べ比べも楽しい!

出典: 淡路島バーガー公式ポータルサイト|トップページ

淡路島バーガーが食べられるお店を紹介

ガッツリ系からヘルシー系まで、バリエーション豊富な「淡路島バーガー」を提供しているお店を紹介!全国のご当地バーガーが集結する「とっとりバーガーフェスタ」で、見事1位に輝いた「オニオンビーフバーガー」は島内2カ所で販売中です。

出典: 提供SHOP一覧|淡路島バーガー公式ポータルサイト

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項