まずはこちらをチェック

無線LANがつながらないときのチェックポイント19

「無線LANが不安定」「つながらない」「途中で接続が切れてしまう」といったときにチェックしたいポイントをご紹介。それでもつながらない場合は、下記を見ていきましょう。

出典: 無線LANがつながらないときのチェックポイント19 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

電波の干渉が原因の場合は

手持ちの無線LANルータやTVが11aまたは11nの5GHz帯に対応していれば、5GHz帯を利用しよう。5GHz帯の通信は、電波の干渉に強く速度が低下しにくい。

リンク: 2/3 無線LANでDLNAを利用し、スムーズに動画を再生する [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

2.4GHz帯ではなく、5GHz帯で接続しよう

2.4GHz帯の電波は近隣住宅にも利用されている場合が多く、干渉が起こりやすくなっています。そこで干渉に強い5GHz帯に変更することで、スムーズに接続できる可能性が高まります。無線LANの親機と端末側が5GHz帯に対応しているか、確認してみましょう。

出典: 2/3 無線LANでDLNAを利用し、スムーズに動画を再生する [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

電波の届く距離が足りない?

大きな戸建住宅や床暖房が設置してある1階と2階という環境の場合は、電波が届かなかったり、届いても弱いことがある。そのようなときに利用するのが無線LANの中継機。

リンク: 無線LAN中継機の活用法…家の隅々まで電波を届かせる [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

無線LAN中継機の活用法

電波が届かなかったり、届いても弱いときに利用するのが無線LANの中継機。今回は実際に中継機を利用してその効果を検証しています。また、後半に代表的なオススメ機種も挙げているので参考にしてください。

出典: 無線LAN中継機の活用法…家の隅々まで電波を届かせる [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

親機の買い直しを考えている場合は

無線LAN親機を選ぶ4つのポイントとオススメ機種

無線LANを導入するためには、親機(アクセスポイント)から電波を発信し、端末側で受け取る必要があります。今回はこの親機の選択方法について解説します。また、オススメの機種も併せてご紹介します。

出典: 無線LAN親機を選ぶ4つのポイントとオススメ機種 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

電力線で通信する「PLC」を使えば、遮蔽物があってもつながる

家庭やオフィスにある電力線で通信を行うPLC。ルータ機能と無線LAN、PLCの3つの機能が揃った本製品の使い勝手や性能をレビューしています。PLCはいくつか注意点もあるため、導入を考えている人は要チェックです。

出典: コンセントに挿すだけ!電力線で通信するWi-Fiルータ [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About