まずは外観を鑑賞!

現存する明治時代の建築物

特別展覧会で使われる明治古都館は、まるでヨーロッパの宮殿のよう! 美しい煉瓦造で、格式高さを感じます。重要文化財にも登録されています。

出典: 関西の美術館 [美術館] All About

リニューアルオープンした平成知新館は、世界的建築家・谷口吉生氏の設計によるもの。一見目新しく見えますが、ひさしを思わせる屋根など日本の伝統的な要素があります。

あの超有名な絵が大公開された展覧会

『国宝 鳥獣戯画と高山寺』

描かれてから800年が経過した鳥獣戯画。4年がかかりの修理を終えた記念として、全4巻が初めて公開に。さらに世界文化遺産・高山寺に眠る寺宝も展示されました。

出典: 2014年11月のオススメ展覧会・美術展 [アート・美術展] All About

刀剣ズラリの展覧会!『慶長新刀─桃山時代の気風─』

自由闊達な人間中心の文化が花開いた桃山時代に、重宝された「慶長新刀」と呼ばれる刀剣。その慶長新刀の祖・埋忠明寿をはじめとする匠たちの作品が紹介されました。

狩野派ファンをワクワクさせた展覧会。『桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち』

本展覧会は、狩野派史上最大のピンチにおちいった慶長年間前後に着目し、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに新たな為政者・徳川家に対応すべく、「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく一大転換の過程を、永徳の後継者たちの作品を一堂にして辿るものです。

リンク: 桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

琳派の代表作が映像に!「琳派400年記念プロジェクションマッピング」展覧会

琳派400年記念プロジェクションマッピング

日常の中で追求された日本独自の美を描いた琳派。創生から400年の節目となった2015年、「風神・雷神」のプロジェクションマッピングが行われました。

出典: 琳派400年記念プロジェクションマッピング「21世紀の風神・雷神伝説~琳派の未来を垣間みる七条の夜、4日間限定~」 | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

21世紀の風神・雷神伝説

京大教授の土佐尚子氏が映像を手がけ、風神と雷神が京都に現れる狂言「神鳴」などが同館の建物に投影されました。

リンク: 京都国立博物館でプロジェクションマッピング - YouTube

おしゃれなカフェが近くに

東山PINE

古民家を利用した、レトロな京都の雰囲気を味わえるカフェです。注文後に豆を挽いたドリップコーヒーがいただけます。窓からは京都国立博物館の正門が。

出典: 東山パイン (PINE) (東山/喫茶店) - Retty

京都国立博物館への行き方

アクセス情報

京都駅や河原町駅から市バスに乗るのが便利です。「博物館・三十三間堂前」停で下車しましょう。車の場合は、京都国立博物館で展覧会を鑑賞すると、1時間、駐車料金が無料になります。

出典: 交通アクセス | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum