1. 葉酸の摂取

胎児の発達にも影響!? 葉酸を摂ったほうがいい理由

葉酸という栄養素をご存知ですか? 妊娠前から葉酸を摂取することで、赤ちゃんの先天性心疾患や無脳症などのリスク低減が期待されています。また、子どもの将来の健康にかかわる重要な栄養素として注目を集めています。

出典: 新たな考え方、葉酸は"妊娠を通して"摂取すべき?

2. 風疹ワクチンの接種歴をチェック

ワクチン未接種の方は要注意! 妊娠前に風疹の予防接種を

幼い時に風疹の予防接種を受けたかどうか、まずは家族に聞いてみましょう。なぜなら、妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんが「先天性風疹症候群」、つまり難聴、心臓の奇形、白内障、精神発達障害などになる可能性があるからです。

出典: 大人に風疹ワクチン予防接種が必要な理由 [予防接種・ワクチン] All About

3. 虫歯の治療

妊娠前に虫歯ゼロにしておくと安心!

できることなら虫歯の治療は妊娠前に済ませておきましょう。妊娠初期には施せる歯科治療が限られており、出産後には歯医者にいく時間がなかなかとれないからです。虫歯だけでなく、歯周病のケアも大切です。

出典: 妊娠中の虫歯治療・薬・麻酔 [虫歯] All About

4. 貧血対策

妊娠すると貧血になりやすくなる!?

これまで貧血気味だった人は、妊娠するとさらに重症になる可能性が出てきます。妊娠中は、お腹の赤ちゃんにも血液を送り込むからです。食事のバランスに気を付け、早めに貧血対策をとっておきましょう。

出典: 貧血 [妊娠・出産用語集] All About

5. 体力と筋力をつけておく

適度な運動で筋力をつけて、妊娠期を快適に過ごす!

「妊娠したら健康的な生活をしよう」と考える方も多いかもしれません。しかし、妊娠中を元気に過ごすための体の準備は、妊娠前から行う必要があるのです。どのようなことをしておけばよいのか、何ができるのか、一緒に考えてみましょう。

出典: 妊娠前にしておくこと、できること [妊娠準備] All About

6. 出産にかかるお金をチェック

かかるだけでなく、もらえるお金もある

妊娠から出産までには、いったいどのくらいのお金が必要なのでしょうか? 病院やお住まいの自治体によって、負担する金額は異なりますが、目安として知っておくと安心です。 

出典: 出産前後でかかるお金 [出産・育児費用] All About

7. 夫婦関係を良好にしておく

出産までに夫婦の絆をもっと強固にするコツ

妊娠から出産にかけて、自分の体のめくるめく変化を体験することになります。そんな変化を受け入れてくれる、パートナーの存在はとても大切。妊娠前から、コツコツと夫との良好な関係を築いておきましょう。

出典: 夫にとって「別れたくない妻」になる7ヵ条 [夫婦関係] All About