ルアーの種類と基本的な仕掛け

水深によって使い分けるルアー

ルアー釣りで使われるルアーの種類、名前、使い方を紹介します。基本の仕掛けをまとめた仕掛け集もあるので、ルアー釣り初心者はぜひチェックを。

出典: ルアーフィッシングのルアー種類と説明

トラウト、バスなど淡水魚用のルアー

バス釣りの基本【ワーム】

素材はソフトプラスティックでやわらかいのが特徴。本物のエサの感触に近いため、バスが騙されやすいルアー。

出典: バス釣り用のルアーを種類別に解説|並木敏成×川村光大郎の基礎講座[ルアーライフ]

【ワーム】の次はコレ!【ミノー】

小魚に似せた形のルアー。使い方の難易度は、ワームに比べてやや高めです。アクションの特性を見極めることが使いこなす近道です。

出典: バス釣り用のルアーを種類別に解説|並木敏成×川村光大郎の基礎講座[ルアーライフ]

バス釣りで最もポピュラー【クランクベイト】

リールを巻くだけで、水中で体をユラユラ左右に揺らしながら反転ローリング。水深に合わせてモデルがあります。

出典: バス釣り用のルアーを種類別に解説|並木敏成×川村光大郎の基礎講座[ルアーライフ]

シーバスなど海釣り用のルアー

シーバス用の【ソルトルアー】

ブラックバス用のルアーと見た目にはあまり変わりませんが、シーバス釣りの場合は海水用のソルトルアーを用意しましょう。ブラックバス用は淡水仕様なので、海水に入れるとサビちゃいますよ。

出典: シーバスのルアー(スズキの仕掛け)

障害物付近を狙える【ラバージグ】

釣り針に重りが固定され、針の下にヒラヒラしたゴム製スカートが付けられたルアー。障害物近くや底を探るときに便利。

出典: バス釣り用のルアーを種類別に解説|並木敏成×川村光大郎の基礎講座[ルアーライフ]