渓流ルアーフィッシングとは

文字通り渓流と呼ばれるところで、ルアーを使って釣りをすることです。
目印等であたりをとるエサ釣りと違い、自分の引いてくるルアーめがけてアタックしてくる魚が目前で見ることもできるエキサイティングな釣りです。

リンク: 渓流のルアーフィッシング講座

渓流のルアー釣り対象魚として有名な魚は、ヤマメ・岩魚・アマゴなどなど。
 その中でも特に気軽に釣れるのは養殖・放流の盛んなアマゴです。

リンク: 魅惑の渓流!渓流のルアーフィッシング

ヤマメやイワナといった渓流魚はとても警戒心の強い魚です。

河川によって個性は違いますが一般的に河川の水量が少ない渓流釣りではヤマメやイワナとの知恵比べになります。

いかに気付かれないように近づくか、そして違和感なく仕掛けを流せるかがポイントになります。

リンク: 渓流釣りとは!?結局、どんな釣りなのか?そして、その魅力は・・・ | 渓流釣りブログ

初心者のタックル選び

釣りポイントで変わるロッドの選び方

狙いたい魚のサイズや、川の上流、中流どちらで釣りを楽しむのかで、適したロッドが変わります。そこで、それぞれの方向性に合わせたロッドの選び方をご紹介します。新しく購入しなくても、家にある、あのロッドが渓流釣りにぴったりかもしれませんよ。

出典: 渓流のルアーフィッシングのロッド

扱いやすいリール

渓流域で使用するリールは小さくて軽い物でギヤ比が5.0:1以上の物を選びましょう。具体的にはシマノ社のリールなら#1000、ダイワ社のリールなら#1500と表記された物の中から選べば良いでしょう。

リンク: 初心者向け・渓流ルアーフィッシングを始めよう (基本用具編)

渓流釣りは移動をしながら釣る事が前提なので、転倒した際にリールを破損する事も珍しい事ではありませんので、なるべくシンプルで丈夫なリールが良いと思います。万が一に備えて予備のリールもあると良いでしょう。

リンク: 初心者向け・渓流ルアーフィッシングを始めよう (基本用具編)

ロッドの性能を生かすライン

基本となるラインは4LB程度。
釣れる渓流魚が25cm以下なら3lbまで落してもいいですが、流れのある場所で釣る事と、不意の大物魚(30cm級)の場合に慌てない為にも、4lbクラスがお勧め。

リンク: 渓流ルアー釣りのリールとライン

ナイロンライン・フロロライン・PEライン。大きく分けて3種類に分類される釣り用のラインですが渓流のルアー釣りの場合は、フロロかナイロンがお勧めです。

リンク: 渓流ルアー釣りのリールとライン

渓流でのルアーの選び方

狙うポイントの水流の速さに合わせて選ぶ

同じ渓流でも、スプーンやジグといったルアー向きの釣り場と、ミノーやスピナーが向いている釣り場は異なります。それぞれのルアーの持つ基本的な特性や色の選び方も載っているので、初心者さんは参考にしてみては?

出典: トラウトルアーフィッシング - 「トラウトルアーフィッシング」入門

渓流マス釣り基本の仕掛け

わかりやすい図解入りで仕掛けを紹介!

渓流で楽しめるニジマス、ヤマメ、イワナなど、マス釣り用の基本仕掛けをご紹介。大きな図解入りなので初心者でも安心です。

出典: 渓流や管理釣り場のマス釣りのルアー仕掛けと道具 | 釣りお役立ち便利ガイド!

知っておきたいテクニック

ポイントごとに応用がきくキャスティング

ポイントによってさまざまな使い分けが必要となるキャスティングを、大きく4つに分けて紹介します。投げ方を使い分けられるようになれば、障害物があるポイントでも応用がきいてとても便利。魚がいるポイントへの移動方法や、渓流釣りで知っておきたいマナーなどもお伝えします。

出典: 初心者のためのトラウト系ルアー釣り講座 釣り方

基本テクニックを動画で確認

初心者に人気のヤマメを釣る方法

ルアー、ロッド、リールなど、使用タックルも紹介してくれる動画です。キャスティングの動きも、ぜひ参考にしてください。

リンク: ベイトフィネスで渓流ルアーフィッシング!ヤマメ釣りの解説(ダイワ・スミス)SS AIR 8.1L - YouTube

渓流ルアー釣りの釣行記

九州の渓流を中心に、ヤマメ釣りを楽しむ釣行記ブログ。キャスティングのコツなども書かれています。美しい渓流の景色とヤマメの画像が満載で、画面から渓流ルアー釣りの楽しさが伝わってきます。

出典: 五ヶ瀬川&緑川ヤマメ釣行記~渓流ルアーで坊主~