貯蓄目標やライフプランに合う働き方を考えてみよう

知っておきたい正社員・契約・派遣社員の収入差

正社員と契約社員、派遣社員、パート社員などの違いは、雇用の安定性と収入の差にありますが、お給料にはどのくらいの差があるのか検証してみました。貯蓄を増やしたい人は、雇用形態を見直すことも重要です。

出典: 正社員と契約・派遣社員。給料の差は? [仕事・給与] All About

転職で「20%年収が上がる」は本当?

「キャリアカウンセリングの仕事をしていると、必ずといっていいほど話題になるのは年収の話です」と、執筆者の高野秀敏さん。20代後半以降になると、これからのライフプランを考えるうえでも重要になってきます。今回は、転職でそもそも年収が上がる人と、年収アップのポイントをお伝えします。

出典: 転職で「年収20%アップ」は本当か? [転職のノウハウ] All About

扶養に入らずに働くと専業主婦の2倍貯められる?

コラム「共働きは食費が多いってホント?」では、妻の働き方別に食費や生活費の平均額を紹介しましたが、貯蓄額も気になるところです。今回は、家計収支や貯蓄率について見ていきます。くらべてみると、意外な実態が……。

出典: 扶養を外れて働くと専業主婦の2倍貯められる!? [ふたりで学ぶマネー術] All About

リストラ予備軍にならないための賢い働き方とは

「女性の社会進出支援で、雇用や職場環境が変化していく可能性がある」とは、グローバルキャリアコンサルタントの小松俊明さん。それはどういったことでしょう。仕事を任されなくなったり行き場がない人にならないために知っておきたいことを教えていただきました。

出典: リストラ予備軍にならないための働き方 [幸せになるお金との付き合い方] All About

おひとりさまの老後は働けるだけ働いて収入を得ておく

長い老後を過ごすことになるかもしれない数十年後に備えて、収入を得られる複数の手段を得ておきたいですね。なかでもおひとりさまで生きるという人には重要です。そこで、老後の収入源や働き方を考えてみました。

出典: おひとりさま老後、働けるだけ働いて収入を得よう! [定年・退職のお金] All About

定年を延長する人は厚生年金44年加入特例も見逃さないで

公的年金は加入月数や生年月日で損得が決まることが多い制度で、「厚生年金44年(=528月)加入特例」もそのひとつ。この特例は年金に44年加入すれば、報酬比例部分と定額部分(基礎年金)を受給できる制度です。1年でも長く働きたい人はぜひ知っておくとよいでしょう。

出典: 定年を延長をする人は厚生年金44年加入特例もチェック [定年・退職のお金] All About