結婚式の招待状の正しい書き方

結婚式の招待状を手作りするときの情報

招待状を手作りするときの書き方や、基礎的な知識が掲載されています。手作りの招待状は、王道の正統派招待状から二人の趣味が反映された個性的なものまでさまざま。お二人にあったものを是非作ってみてください。

出典: 結婚式手作り招待状|結婚式手作り招待状のことならゼクシィ

結婚式の招待状を送る時期の注意点

結婚式の招待状を送るときは、注意しなければならないポイントがたくさんあります。披露宴の2~3カ月前に招待状を送る(手渡しする)ようにすることや、住所や氏名といった宛先の間違いが無いよう確認すること。また、事前の出席確認をしておくとスムーズです。

出典: 上司や親戚にいつ送る?結婚式の招待状を送る適切な時期│結婚塾

結婚式の招待状に同封する物の注意点

招待状本状のほかに同封するものは色々あります。入れる内容に漏れや入れ間違いが無い様にすると共に、アレルギーの有無をたずねる文章を記載するなど、心配りも大切です。

出典: 地図、ふせん、依頼状!結婚式の招待状に同封するリスト│結婚塾

結婚式招待状の文例集

【基本構成例】
時候のあいさつ
頭語
結婚式・披露宴へのおまねきの文章
結語
差出日(○月○日吉日)
新郎氏名・新婦氏名
日時・開始時間・場所
出欠連絡の締め切り日

リンク: そのままゲストに送れる!結婚式の招待状の文例│結婚塾

結婚招待状の基本マナーや文例

句読点は入れずに1文字分をあけたり、紙質は薄すぎないように注意する。等々、招待状を書く上での基本的なマナー、ルールはたくさんあります。

出典: 好感度UP!結婚式の招待状の書き方

結婚式招待状の渡し方

結婚式の招待状を渡すときのマナーや方法について

結婚式は「ゲストに来ていただく」という気持ちが大切。本来であれば手渡しで招待状を渡すのがベストです。でも遠方にいる方やなかなか会えない方もいますよね。そういう方にはお手紙で、返信用封筒を添えて送ってください。勿論手渡しの場合も返信用封筒に切手を添えるのを忘れずに。

出典: 結婚式の招待状を渡す方法とマナー【手渡しするべき相手】│結婚塾

結婚式の招待状を手渡しするときのポイント

返信ハガキには必ず切手を貼る。封筒はのり付けをして渡さない。宛名のみで住所は記載しない。など、結婚招待状を手渡しする際に注意しておきたいポイントは多くあります。手渡しで送る相手は、上司~近しい友人まで様々。その時の状況の応じて、柔軟に対応しましょう。

出典: 招待状の手渡しのマナー | 『結婚準備応援ブログ』 | 披露宴費用節約術も♪

結婚式の招待状を返信するとき注意すること

招待状の返信の基本的な書き方

招待状の返信の基本的なポイントを紹介しています。「御」を消して「慶んで」にしたり、「行」を様に換えたり。出席するときや欠席するときの書き方の基本的な方法を知る際に便利です。

出典: 返信ハガキの書き方 | 招待状の返信マナーのことならゼクシィ

招待状の返事を送る時期

出欠の返事は、招待状を受け取ってから2~3日中に返事をするのがマナーですが、そうでない場合があります。欠席してしまう場合は、あまりに早く返事を出してしまうと、お祝いを拒絶する気持ちを与えてしまいかねません。タイムリミットが1週間以内なら、4~5日ほどに返事を出してあげると良いですよ。

出典: 結婚式の招待状 返事の書き方 [結婚式・披露宴マナー] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項