まるで映画みたい!実在するSFのような場所

【中国】砂漠にぽつんと佇む城と湖、「月牙泉」

三日月の形の湖と、砂漠に建つ小さな町。場所は中国の敦煌市。年々湖の規模が縮小傾向にあるようです。周辺は砂漠地帯。ラクダに乗ることもでき、観光客も増えてきています。上空からみると、まるで近未来の荒廃した都市のようですね。

出典: 3/4 敦煌・莫高窟/中国 [世界遺産] All About

【スウェーデン】ムスコ島でホビットの里がついに完成間近!

スウェーデンの首都ストックホルム近郊の島にホビットの里を作る計画が現在進行中。実は最先端のエコハウスのようですが、外観も内装も映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場するホビットの家そのもの。こんな家に憧れる人も多いでしょう。

出典: スウェーデンにホビットの里が誕生へ!正体は最新のエコロジーハウス!

【ドバイ】100年後はこんなビルが定番になるのでしょうか。ねじれビル「カヤンタワー」

地上から頂上にかけて90度ねじれているカヤンタワーが建つのは、なんでも世界一が好きなドバイ。デザイナーは東京ミッドタウンと同じ人だとか。まさにSF映画に出てくる近未来都市。ちなみに高さは307メートルで、日本一高い高層ビル「あべのハルカス」とほぼ同じです。

出典: 世界一高いドバイの「ねじれ」高層ビル、カヤンタワー [ドバイ] All About

【中国】上海の浦東エリアは世界屈指のビジネス街!

上海の浦東は旧租界と一線を画す都市作りがされています。開発されたのが1990年代と最近で、現在では未来型のビルがたくさん建つ一大ビジネス街へと発展しました。世界一の高さの「上海環球金融中心展望台」があるのもこのエリアです。

出典: 上海のエリアガイド [上海] All About

【シンガポール】高さ50mの人口ツリーに注目!「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

広大な敷地面積を誇る植物園施設にそびえ立つ18本の人口ツリー。最も高いツリ―はなんと50メートルで、頂上ではレストランが営業中。太陽光を利用した最新技術を駆使しており、現在世界に注目されている観光スポットです。まるで別世界のよう。

出典: ガーデンズ バイ ザ ベイ/シンガポール [シンガポール] All About

【ボリビア】ここは宇宙?天国?目を疑いたくなる光景、「ウユニ塩湖」

乾期には見渡す限り塩原が広がり、塩が張った大地の上でランチを楽しむツアーが人気。雨季は鏡のように空を反射するため、天地が曖昧になる素晴らしい風景に出会えます。地球のはじまりってこんな風景だったのかもしれませんね……。

出典: 未来の世界遺産3 ウユニ塩湖 [世界遺産] All About

【イエメン】ソコトラ島の神秘。独自の進化を遂げた生態系がわんさかいます

地球外生命体が潜んでいそうな、この小さな島には、竜血樹と呼ばれる奇怪な植物がシンボル。その他独自の進化を遂げた固有植物や、絶滅危惧種に指定されている動物もいます。SF映画では、人類とは別の種族が敵として登場しそうですね。

出典: H.I.S. 絶景「ソコトラ島 イエメン」

【アラブ首長国連邦】首都アブダビで建設中の近未来都市、「マスダールシティ」

アラブ首長国連邦の首都アブダビで建設中のマスダールシティは、100%再生可能エネルギーを目指している近未来型都市。シティ内を無人運転する車は太陽光がエネルギーとのこと。CGの必要なくSF映画が撮影できそうですね。完成予定は2025年。

出典: そこはまるで漫画の世界!近未来都市「マスダールシティ」

【メキシコ】憧れの未来の図書館。「バスコンセロス図書館」

メタリックと透明ガラスで作られたこの施設は、SF映画に出てくるような超未来型図書館。入口から中心を割って左右がシンメトリーの構造となっています。収められている本は実に58万冊。旅行者も無料で訪れて、本を読むことができます。なんだか自分がSFの世界に入り込んだかのように心躍ります。

出典: まるでSF?世界一クールなメキシコシティの図書館 [メキシコ] All About

【オーストラリア】月面に降り立ったかのよう! 「マンゴ国立公園」

氷河期時代の足跡や、4万年前に火葬された女性の骨など貴重な先史時代の遺産が見つかっているマンゴ国立公園。白い砂丘は33kmにも渡り、太陽の傾きによって色あいが変わっていく様はなんとも幻想的。

出典: 太古からのマンゴ(Mungo)の歴史