定番かつ簡単!豚肉とピーマンの炒め物レシピ

豚肉とピーマンとたけのこを炒めるだけ♪簡単・青椒肉絲レシピ

「青椒肉絲(チンジャオロース)」のレシピは、豚肉の下味さえしっかりつければ、ピーマンとたけのこを切って炒めるだけの簡単・手軽さがいいところです。簡単・青椒肉絲のレシピにはありませんが、ピーマンやたけのこ以外にも、パプリカなどを入れると彩りがアップしてオススメです♪

出典: 豚肉で作るチンジャオロース(青椒肉絲) [家族のお弁当レシピ] All About

炒めるだけで簡単♪豚肉&ピーマン&夏野菜の味噌炒めレシピ

「豚肉&ピーマン&夏野菜の味噌炒め」も、材料を切って炒めるだけの簡単レシピです。レシピのポイントは、味付けににんにく・生姜を加えること!ピーマンの歯ごたえと、豚肉に染みた味噌ダレの風味が効いて、ご飯がすすむ一品です。

出典: 夏野菜と豚バラ肉の味噌炒め [シンプル和食レシピ] All About

ポン酢で味付け簡単レシピ♪豚肉とピーマンのさっぱり炒め

炒め物は好きだけど、レシピ通りに合わせ調味料を作るのが面倒…という方にオススメなのが、ポン酢のみで味付けするこの「豚肉とピーマンのさっぱり炒め」の簡単なレシピです。あっさりとした酸味とピーマンの歯ごたえがとってもおいしいレシピです。

出典: 市販の調味料で味つけ簡単、豚のポン酢炒め [簡単一汁三菜レシピ] All About

プロの味をご家庭で♪豚肉とピーマンの野菜炒めの簡単レシピ

野菜炒めを作ると、いつもべちゃっとしてしまう…そんな方にオススメなのが、こちらの「豚肉とピーマンの野菜炒め」のレシピ。中華鍋を使って、本格的な豚肉とピーマンの野菜炒めを簡単に作るレシピが紹介されています。中華鍋をお持ちの方は、ぜひお試しください。

出典: おいしい野菜炒めの作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

お腹いっぱい♪豚肉とピーマンの簡単丼物レシピ

簡単おいしい♪豚肉とピーマンの野菜たっぷり豚丼レシピ

「豚肉とピーマンの野菜たっぷり豚丼」は、豚肉やピーマンと玉ねぎを豚肉を炒めてご飯に乗せるだけの簡単レシピです。レシピのポイントは、炒めた後のフライパンを使ってピーマン・玉ねぎを炒めること。豚肉を炒めた後に出てくる旨みたっぷりの脂を、しっかり野菜に絡めましょう。

出典: 簡単でおいしい豚丼の作り方/レシピ:白ごはん.com

たった15分で簡単!ピーマン&豚肉&海苔の3色丼のレシピ

「ピーマン&豚肉&海苔の3色丼」では、ピーマンも豚肉のそぼろも、醤油ベースの合わせ調味料で炒めるだけの簡単レシピです。ピーマンの鮮やかな彩りが美しい、ピーマン&豚肉&海苔の3色丼がたったの15分で作れます。

出典: 15分で完成!ピーマン・そぼろ・きざみ海苔の3色丼 [シンプル和食レシピ] All About

豚肉と赤ピーマンを使った簡単ゴーヤチャンプル丼のレシピ

「豚肉と赤ピーマンを使った簡単ゴーヤチャンプル丼」は、夏の定番・ゴーヤチャンプルに、豚肉と赤ピーマンの食感を加えて食べ応えをプラスした丼レシピ。ゴーヤの苦みが卵でマイルドになっているので、ゴーヤが苦手な方でもおいしくいただけます。

出典: ゴーヤチャンプルー卵とじ丼 [カフェ] All About

お弁当にもGOOD♪豚肉とピーマンの簡単おかずレシピ

たったの15分!豚肉とピーマンの簡単・回鍋肉丼のお弁当レシピ

ピーマンは熱を加えても綺麗な緑色を保ってくれるので、お弁当の彩りに最適です。「豚肉とピーマンの簡単・回鍋肉(ホイコーロー)丼のお弁当」では、ぎっしり詰めた回鍋肉で弁当箱一面を彩り豊かにしてしまうレシピです♪15分で作れる簡単・お手軽さもいいですね。

出典: 回鍋肉(ホイコーロー)丼のおべんとう [家族のお弁当レシピ] All About

揚げずに簡単♪豚肉とピーマンのジューシー酢豚のレシピ

酢豚といえばゴロっとした豚肉が一般的ですが、「豚肉とピーマンのジューシー酢豚」のレシピでは豚肉の薄切りを使います。豚肉の薄切りを巻いて、片栗粉をまぶして焼くだけの簡単な手順で、ジューシーなブロック肉の出来上がり♪豚肉がこんがり焼けたら、ピーマン等の野菜と炒めます。

出典: 揚げない、簡単酢豚レシピ [簡単スピード料理] All About

簡単♪豚肉とピーマンの彩り肉巻きのレシピ

赤・緑・黄の色合いが綺麗な「豚肉とピーマンの彩り肉巻き」のレシピです。ピーマン・パプリカを、豚肉の薄切りで巻いて焼くだけととっても簡単。豚肉とピーマンの彩り肉巻きは、そのまま食べてもおいしいですが、輪切りにした方が彩りが楽しめますよ♪

出典: マスタードソースの簡単彩り野菜肉巻き [簡単スピード料理] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項