奈良を代表する名古刹・薬師寺

実は3つのエリアにまたがっていた!

金堂や塔などがある「白鳳伽藍」が拝観のメインとなっていますが、道路を挟んで北側にある「玄奘三蔵伽藍」では、『西遊記』でおなじみの三蔵法師が祀られています。また南側には、薬師寺を守護する「休ケ岡八幡宮」があるので、こちらもお見逃しなく!

出典: 薬師寺 [寺・神社] All About

まずは金堂へ! 美しく荘厳な薬師三尊像がお出迎え

白鳳伽藍の金堂には、薬師如来さま、日光菩薩さま、月光菩薩さまの薬師三尊像がお祀りされています。なかでも中央の薬師如来さまは、病気を癒やしてくれる仏さまで、多くの人々に親しまれています。

出典: 国宝だけではない魅力! 奈良の薬師寺 [奈良の観光・旅行] All About

芸術的! 赤と黒、双子の三重塔

奈良時代から現存している国宝の「東塔」。赤い外観の「西塔」は、戦国時代に焼失したものの、1981年に昔の様式と技術を使って再建されたものです。なお現在、東塔は解体修理のため、その姿を拝むことはできません。2019年春頃に修理完了の予定です。

出典: 2/3 春先に訪ねてみたい日本の世界遺産はここ! [名所・旧跡] All About

写経道場ではいつでも写経体験が可能!

毎日8時半〜17時まで写経ができます。宗派を問わず、毛筆だけでなく鉛筆も使用できるので、誰でも気軽に参加できる仏道修行となっています。

出典: 写経行事案内・ご自宅でのお写経-薬師寺公式サイト|Sutra Copying-Yakushiji Temple

お経は見るだけでも功徳があり、さらには詠ずればさらに功徳をつめ、さらに書き写す事で非常に大きな功徳があるとか。経を一文字一文字書き写すのは、仏像一体一体を刻む事と同じであるともいわれるそうです

リンク: たまには背筋をのばして。薬師寺で写経体験 - All About Good Answers

拝観料が玄奘三蔵院伽藍の公開・閉鎖によって異なる!

玄奘三蔵院伽藍公開時(〜平成27年6月30日、8月13日~15日、9月16日~11月30日) 大人800円、同閉鎖時(7月1日~8月12日、8月16日~9月15日、12月1日~12月31日) 大人500円になります。

出典: 拝観情報-薬師寺公式サイト|for Visitors-Yakushiji Temple

アクセス方法は?

電車なら、近鉄奈良線の西ノ京駅が最寄り。車なら、西名阪か第二阪奈道路で。駐車場がお寺のすぐ近くにあるので便利。

出典: 奈良薬師寺所在地・交通-薬師寺公式サイト|for Visitors-Yakushiji Temple

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項