唐招提寺といえば鑑真!

鑑真ってどんな人?

唐の高僧であった鑑真(がんじん)は、733年(天平5年)に遣唐使と共に渡航した2人の留学僧の要請に応じ、仏教者に戒律を授ける導師として来日を決意します。当時の航海は命がけだったことや、唐での地位がすでに確立していた鑑真の渡航を反対する者も多く、渡航の密告や暴風に阻まれ5度も渡航が失敗に終わります。それでも753年(天平勝宝5年)、6回目にしてようやく来日を果たし、日本での戒律の制度を整えることに尽力しました。

出典: 鑑真 - Wikipedia

見所を一挙ご紹介!

多くの苦難を乗り越えた鑑真のお寺

中国・唐出身の僧である鑑真が、修行の場として建立した寺院「唐招提寺」。国宝に指定されている鑑真像を見ることができます。

出典: 3/4 奈良の寺・神社 [奈良の観光・旅行] All About

鑑真のために描かれた襖絵は必見

日本画家・東山魁夷画伯が、鑑真に捧げるため10年以上の歳月を費やした大作。色鮮やかな絵は美しい日本の風土を、モノトーンの水墨画は鑑真の故郷である中国の風景を描いたものです。

出典: 唐招提寺

8世紀後半の創建時の姿を残す金堂

唐招提寺の代表的な建築物といえば、何と言っても「金堂」です。南大門をくぐった正面に現れます。連子窓からそっと堂内をのぞくと、なんとそこには…。

出典: 鑑真が生涯を終えた寺「唐招提寺」(奈良) [奈良の観光・旅行] All About

平城宮唯一の建築遺構である講堂

金堂の裏にある「講堂」は、平城宮にあった建物の一つである東朝集殿を移築・改造したもの。天平文化の息吹を伝える貴重な伽藍です。金堂と共に国宝に指定されています。

出典: 唐招提寺

伝統行事「うちわまき」に参加しよう!

年に一度行われる「うちわまき」では、僧侶がハート型のうちわをまきます。うちわを授かると、病魔退散や魔除けのご利益があるのだそう。5月19日の15時から行われる予定です。

出典: 行事・イベント|奈良市観光協会公式ホームページ

アクセス方法

電車なら、近鉄奈良線の西ノ京駅が最寄りとなります。車なら、第二阪奈有料道路、または西名阪自動車道で。乗用車150台収容可能の駐車場があるので大変便利。

出典: 唐招提寺