そもそもチヌ(クロダイ)ってどんな魚?

チヌの生態を知っておこう!

チヌ釣りをする前に、まずチヌの基本情報を学びましょう。チヌの生態や種類別の釣り方、警戒心などの特徴をしっかり把握することで、釣りの楽しさに深みが増すでしょう。知っておいて損はありません!

出典: 黒鯛の釣り方、生態・習性 | 黒鯛倶楽部

チヌは年中釣れる魚。ベストシーズンはあるの?

狙うシーズンとしては5月~10月がおすすめです。
もちろんそれ以外の時期でもチヌは釣れますが夜釣りになりますので、釣行する場合は防寒対策をして臨みたいものです。
特に5、6月は夜釣りで年無し(50cmオーバーのチヌ)の釣れる率が高い時期です。

リンク: 夜釣り チヌ(クロダイ)の釣り方編

2月や3月は海では真冬となり、釣りは厳しい状態となります。事前に時期を確認しておきましょう。

仕掛けは何をどう使えばいいの?

底をアピール力の高いラバージグで寄せ、トレーラーのワームで食わせる方法はチニングでの最強メソッドと言っても過言ではないほど信頼できる釣り方である。

リンク: ルアーで狙う黒鯛攻略法(ラバージグ編) | 黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活]

根魚ボンボンなどのルアーが適しています。お近くの釣り道具店で入手しましょう。

チヌ釣りのポイントはここだ!3つのポイント

ボトムのズル引きが一番釣りやすいです。
使用するルアーはワーム+ジグヘッドが定番です。他にもバイブレーション、ローリングベイト、最近のルアーではズル引きコーンなどでも釣れます。
要はシンキングタイプのルアーであれば大概使用できます。

リンク: シーバスラボ : 冬のチヌルアーゲーム! 釣り方!

沖縄では落とし込みで釣る方法が人気です。

チヌは汽水域を好む魚です。海水の影響を受ける河口や、支流からの流れ込みなど、ベイトの居そうな場所を狙います。またカニなどの多い河口の砂地は根掛りも少なくおすすめのポイントです。

リンク: チニングタックルの選び方と仕掛けの解説

チヌ釣りにおいて場所は、釣れる釣れないが分かれる重要な要素です。しっかり考えて決めましょう。

クロダイをゲットするためにはランディングツールと呼ばれるタックルが必要である。
一つ目がタモアミ。昔から使われているランディングツールで足場が高い場所などでは必須となる。
2つ目がフィッシュグリップ。クロダイは口が小さいので指で口を掴んだり出来ない。腹を掴むというのもあるが暴れると落として逃げられるのでフィッシュグリップは必須アイテム。

リンク: クロダイをゲットするために必要なツール | 黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活]

タックル開始!リールやロッド以外にも必要な道具があるんです。使用する際の注意点などもしっかり頭にいれておきましょう。