世界のタクシーを紹介!あなたはどのタクシーが好み?

【インドネシア】エメラルド色の明るいタクシー!バリ島の安全タクシーといえばこちらです

インドネシアの人気観光エリアであるバリ島。バリ島へ行った方なら、誰もが乗ったはずのタクシーがこちら、「ブルーバード・タクシー」。羽ばたいている鳥がシンボルマークです。バリの海をイメージするカラーは南国気分にさせてくれます。

出典: バリ島のタクシー [バリ島] All About

【ドバイ】日本が誇るトヨタ車。塗装はアラブ風?

オイルマネーで世界から注目を浴びたドバイも、愛する車はトヨタ。タクシーの車種はトヨタのカリムが定番です。肌色の塗装は砂漠の色に似ていますね。ちなみに、女性限定のピンク色のタクシーもあります。

出典: ドバイのタクシー [ドバイ] All About

【ハワイ】ワイキキビーチまでVIP気分で過ごしましょう

日本語対応オペレーターもいる「チャーリーズ・タクシー」。料金は定額制で、車種も豊富。旅行者には空港送迎が人気です。そこらへんを流れているタクシーとはちょっと違った贅沢な車でハワイの町を駆け抜けます。

出典: 空港送迎29ドルのチャーリーズ・タクシー/ホノルル [ホノルル] All About

【アメリカ】「前の車を追え!」と言ってみたくなる。お馴染みのニューヨークカー!

ハリウッド映画でニューヨークが舞台になると、決まって登場するイエローカラーのタクシー。もちろん実在しています。気分はハリウッド映画俳優、颯爽と乗車したいところ!

出典: ニューヨークのタクシー [ニューヨーク] All About

【ベトナム】ホーチミン市内なら何処でも見かける信頼度抜群のタクシー

「ビナサン」と呼ばれるタクシー会社は、ホーチミン市内を歩いているとすぐに見つかる有名タクシー。セダンとミニバンがあり、ミニバンは日本では販売されていない、トヨタのイノーバ。後ドアにタクシー会社の電話番号が記載。間違っている番号は偽物の白タクシーです。

出典: ホーチミンのタクシー [ホーチミン] All About

【メキシコ】メキシカンタクシーはタバスコ色が特徴

タバスコをイメージする深紅のカラーが特徴のメキシコタクシー。レトロな丸いフォルムも市街地では走っています。「シティオ」と呼ばれる無線タクシー以外は乗らないように気を付けましょう。空港からは専用チケットでダウンタウンまで行けます。

出典: メキシコのタクシー [メキシコ] All About

【イギリス】ロンドン名物ブラックキャブ。気分は中世上流階級

図鑑に出てくるような年代物のクラシックカーは、「ブラックキャブ」と呼ばれ、現地人や観光客に愛されています。古き良き中世の香り漂うフォルムは、われわれの目には珍しいかもしれません。ロンドンに行ったらぜひ乗車してみてくださいね。

出典: ロンドンのタクシー [ロンドン] All About

【ノルウェー】ノルウェーの元首相も運転したオスロ・タクシー

イエンス・ストルテンベルグ元首相がタクシーの運転手に変装して、国民の真意を聴く動画が注目を浴びました。そのタクシーがオスロ・タクシー。車種は複数あるものの、基本はベンツ。洗練された運転サービスもうれしいところ。

出典: オスロ・ガーデモエン国際空港から市内へのアクセス [ノルウェー] All About

【スペイン】バルセロナのタクシーはキュートなフォルム&カラー

バルセロナのタクシーはマドリッドと比べると目立つ塗装が施されています。一番人気は黒と黄色のツートンカラーのタクシー。車種は複数ですが、トヨタのプリウスもちらほら見かけます。丸っこいフォルムは女性が好みそうです。

出典: バルセロナのタクシー [バルセロナ] All About

【アルゼンチン】ブエノスアイレスのシックなタクシー

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは、町中を走るタクシーはすべて黒塗りの車体に黄色の屋根と決められています。ホテルが契約しているハイヤーまで同じ塗装です。車はフォードやプジョーが多め。

出典: ブエノスアイレスのタクシー [アルゼンチン] All About