1.空気を読む美徳、恋愛では忘れましょう

「KY」が流行語となって以来、空気を読むのがオトナの美徳とされるようになって久しいですが、恋愛においてはそんなの忘れて! それは、マイナス思考の表れだからです。

出典: 空気を読まないほうが、恋はうまくいく!? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.男性と女性とでは美徳とすることが違う

周囲と同じことを美徳とする女性と、プライド優先、他人より抜きん出ることを美徳とする男性。それぞれの脳の違いからくるこの差を知れば、アプローチ法が見えてきます。

出典: 男性がモテるために、秘かに「努力」していること [大木隆太郎の恋愛コラム] All About

3.相手の欠点に目をつぶるのは美徳ではない

昭和の時代までは、「我慢こそ美徳」でした。でも、どちらかが我慢したところで、ふたりの問題は解決しません。相手に見過ごせない欠点があるなら、交際はむずかしそう。

出典: 結婚まで恋を育むための究極の3つのポイントとは? [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

4.夫婦間の美徳は、国によって異なります

日本では「夫婦は一生添い遂げるのが美徳」と考えられていますが、海外ではそう思われていないようです。某国では7年ごとに婚姻関係を見直す制度が提案されたことも!? 

出典: 2/2 新しい結婚のかたち [恋愛] All About

5.謙遜を美徳とするあまり、○○体質に…

自分を卑下し謙遜することを美徳とし、同時に得意でもある日本人。でもやりすぎると自分自身に価値を見出せなくなります。結果、貢ぎ体質になる可能性もあるので注意!

出典: 自分に自信のない女性はご用心! [恋愛] All About