性格と特徴

誰からも好かれる性格

人に対してとても友好的で、優しく温和。自分から遊ぶのをせがむのではなく、遊んでくれるのを楽しみに待つ様に落ち着いて人と接します。攻撃性は、ほとんど無いと行っても良い程で、悪い面を探す方が困難な犬種です。

出典: キャバリアの性格 - ペット・トライアングル

みなさん、キャバリアはとても繊細で弱い犬種だと思っておられるようですが、大きな誤解です。キャバリアは見かけとは違って、その実とてもワイルドな犬。かといって攻撃性があるわけではなく、人間にも他の犬に対してもやさしくフレンドリーです。とくに人間が大好きで、とても表情が豊かなんですよ

リンク: 2/2 キャバリアの瞳に魅せられて [犬] All About

毛色の種類

赤褐色と白の「ブレンハイム」赤褐色と黒、白の「トイカラー」赤褐色と黒の「ブラック・タン」赤褐色1色の「ルビー」の4種類のきゃバリアがいます。

出典: キャバリア・キングチャールズ・スパニエル - Wikipedia

キャバリアとの出会い方

専門のブリーダーさんから迎え入れる

キャバリアを専門としたブリーダーさんから、直接購入する事が出来ます。どんなお父さん、お母さんから生まれたのか、兄弟はどんな子達なのかと、子犬の家族を知る事が出来るのも嬉しいですね。

出典: キャバリア・ブリーダーズ - キャバリア ブリーダーの子犬販売

新しい家族になってくれる里親さん募集

様々な理由で手放さなければならなくなった子や、保護された子、またお家で生まれた子犬の新しい家族を募集しています。

出典: キャバリア|里親募集|ジモティー

寿命と病気

キャバリアに多い病気

寿命は9~14歳ですが、心臓病の一種である「僧帽弁閉鎖不全」にかかる子が多い犬種でもあります。定期的に病院で検査をし、悪化させないよう予防する事が大切です。他にも股関節形成不全、眼瞼内反症、皮膚疾患も気をつけてあげましょう。

出典: キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル | 犬種図鑑 | 犬種大百科 | by アニマルプラネット

症状を知り早期発見を

眠る時になかなか横になりたがらない、息が荒いなどの症状がみられたら病院で早めに診てもらいましょう。早期発見、早期治療が大切です。

出典: 臨床獣医学フォーラム・レポート「心臓病」 [犬] All About

犬の肥満とダイエットのコツ [犬] All About

心臓や足の関節に負担をかけない為にも、体重管理が大切です。肥満の原因や、予防法、ダイエット法を知っておきましょう。

出典: 犬の肥満とダイエットのコツ [犬] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項