Googe検索がはかどる便利な機能

特定キーワード、フレーズで探す( ":ダブルクォート)

複数のキーワードから検索をしたい時に、別の情報が出てきて困ったことはありませんか? 例えばGoogleのサーバーについて探したい時は「Google サーバー」と入れると思いますが、ファイルサーバーという結果も表示されます。そんな時に、特定のキーワードやフレーズを引用符「"(ダブルクォート)」で囲むことにより、指定したキーワードを順番どおりに含むページだけを検索結果に表示することができます。例でいうと、"Google サーバー"になります。こうすることで余計な情報をチェックしなくてすむので検索がはかどりますね。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

検索結果から特定の語句を除外する(- :マイナス)

キーワードに「-(マイナス)」を付けることにより、検索結果の中から特定のキーワードを含む結果を除外することが可能です。例えば「スマホ アプリ」と検索した際にブログ記事が出てきたとして、「スマホ アプリ -ブログ(blog)」等とすることで、ブログという語を含む記事を除外することができます。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

指定したサイト内で情報を検索する(site:)

特定のサイト内の情報を探したいという時は、検索したいサイトのURLの前に「site:」を付ける方法がオススメです。例えばAll About内の資料作成ツールについて知りたい時には、「site:http://allabout.co.jp(またはsite:allabout.co.jp) 資料作成 ツール」と検索すると、All About内の資料作成ツールについて書かれた記事を探すことができます。さらに日付検索と組み合わせることもできるので、記事が沢山あるサイトで絞り込み検索を行う時にはとても便利です。
※注:site:とURLの間にはスペースは入れないで下さい。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

特定のハッシュタグをソーシャルメディアから検索(#:ハッシュタグ)

ソーシャルメディアで使われているハッシュタグをすべてのサービスから探す時に便利なのが、キーワードの前に「#:ハッシュタグ」を付ける方法、例えば「#photooftheday」などと入れて、特定ハッシュタグが使われているTwitter、Facebook、Google+、Instagramなどから投稿を検索することができます。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

複合キーワードのいずれかが含まれている検索結果を表示させる(or : オア)

複合キーワードのうち、いずれかが含まれている検索結果を表示させたい時には「or : オア」を使います。例えば東京か神奈川の日本画の美術館を探したいという時には「東京 or 神奈川 日本画 美術館」とすると、関連情報を探すことができます。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

ソーシャルタグを見つける(@:アットマーク)

アカウント名の前に「@ : アットマーク」を付けることで、Twitterのアカウントや、関連情報を探すことができます。例えば@ladygagaと入れると、Lady GagaのTwitterアカウントや、Instagramの情報を見ることができます。一般の人の場合はInstagram、TwilogやTogetterなどの情報が出てきます。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

指定された範囲の日付、価格、測定値を探す(..:ピリオド2つ)

指定された数値と数値の範囲内を探したいなら、キーワードと数値の間に「..:ピリオド2つ」を入れる方法が使えます。例えば2014年から2015年の花粉の研究情報について調べたい、という時には「花粉 研究 2014..2015」とすると“花粉”と“研究”というキーワードが含まれた2014年から2015年の検索結果を表示してくれます。その他、値段など指定した数値の間で検索できますが、値段などはそのページに値段が書いてあるだけで結果表示されてしまうので、“楽天“や“ビックカメラ”など、売っている場所を指定して絞り込んだ方が良さそうです。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ

不明な語句から検索する(*:アスタリスク)

有名人の名前が、映画の名前が、慣用句の一部が思い浮かばない……といった経験がある人は、結構いるのではないでしょうか、そんな時に便利なのがキーワードや文章の思い浮かばない部分に「*:アスタリスク(アスター)」を使う方法。ただし使用頻度が高いものは、一部分を入れれば出てくることがあるので、はじめから使わずに、絞り込む時に使うと良いかもしれません。また「*」は、どんなキーワードにもマッチするものを検索結果として表示するので、公的機関の指定の発表文書の「*年度版」という検索をすることもできます。

出典: 検索での句読点、記号、演算子 - ウェブ検索 ヘルプ