1.HEMS

HEMSは、「Home Energy Management System」の略で、「ヘムス」と読みます。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。

省エネだけじゃない。「HEMS」の技術で何ができる?

よく、スマートハウスと一緒に見かける「HEMS」。その役割は省エネや節電だけではないのです。HEMSがあると、どんな生活ができるようになるのでしょうか。

出典: HEMSって何ができるの? その現状と進化に迫る!! [ハウスメーカー・工務店] All About

2.ZEH

ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの意味で、「Zero Energy House」の略です。「ゼッチ」と読みます。照明や冷暖房など日々の生活で使う消費エネルギーと、太陽光発電や燃料電池など住宅でつくった創エネルギーを1年間で比べ、創エネルギーのほうが消費エネルギーより多い、または差がゼロになる住宅を指します。

補助金制度「ZEH支援事業」も!

住まいづくりの最も重要なトレンドの一つになっている「ZEH」。省エネで環境に優しい住宅の決定版、これからの住まいの理想像とされ、その普及が求められています。ハウスメーカーなど住宅事業者が行っているZEHを実現するための対応や工夫について紹介します。

出典: ZEH実現に向けた高いハードルをどう乗り越える!? [ハウスメーカー・工務店] All About

3.BELS

BELSは「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略で、「ベルス」と読みます。国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度のひとつです。

5段階の星マークで評価! 住宅の「燃費」を比較

2016年4月にスタートしたこの制度。BELSの表示により、省エネ性能というモノサシで建物の「燃費」を横並びに比較できます。

出典: 最近よく聞くBELSって何?|日経アーキテクチュア

4.PV

PVは、「Photovoltaics」のPとVをとったもので、太陽光発電のこと。そのまま、「ピーブイ」と読みます。

今さら聞きにくい、太陽光発電システムって?

最近では、よくHEMSとセットになっている太陽光発電。そのしくみと、どんな時に便利か、また導入するときに注意したいチェックポイントをまとめました。

出典: 住宅用 太陽光発電システムの基礎知識 [太陽光発電・蓄電池] All About

5.V2H

V2Hは、「Vehicle to Home」の略。「Vehicle(ビークル)」は車のことで、電力を車から家に送る技術のことです。読み方はそのまま。べたべたの日本語読みなら「ブイツーエイチ」。

V2Hのしくみと、何ができるのか

最近実用レベルになったV2H。そのしくみと、どんなときに役立つ技術なのか、また、V2Hを搭載した家をご紹介します。

出典: 住宅とクルマで電力をやりとりするV2Hが普及段階へ [ハウスメーカー・工務店] All About

■ここからは、家とつながる車の略語をご紹介します。

6.EV・PHV

EVは、「Electric Vehicle」の略で、電気自動車のこと。PHVは、「Plug-in Hybrid Vehicle」(プラグインハイブリッドビークル)の略で、電気とガソリンをハイブリッドで効率よく使って動く車です。

EVやPHVの充電設備が標準でついている家も出てきています。ガソリンを入れに行く手間が省けて便利!

EVは、充電方式、知っておこう

電気自動車の充電といえば、大きなコンセントを差し込んで充電するものがほとんど。その中で、いくつか方式があります。

出典: 電気自動車の充電の種類と方法 [電気自動車・EV] All About

ハイブリッドカーとの違いは?PHVのしくみと特徴

ハイブリッドカーが増えてきていますが、PHVとどう違うのでしょうか。

出典: プラグインハイブリッドカー(PHV)とは? [電気自動車・EV] All About