1. まずは仕事ストレス解消の3要素をチェック!

【アウトプット】 実力を発揮し、生かすこと。仕事、家事、育児、ボランティアなど。
【 インプット 】 自分を高めるために何かを取り入れること。勉強、研究、体力づくりなど。
【 パスタイム 】 目の前のストレスを解消すること。娯楽、友人との会食、団欒など。

ストレスがたまりやすい人は、この3つの要素のバランスが悪くなっていることが多いのです。

リンク: どうして会社に行くのが嫌なのか? [ストレス] All About

この3つの要素のどれに偏っているのかを考えよう

自分の人生がこの3つの要素のどれに偏っているのかを考え、足りない部分を補うだけでも生活の彩りのバランスが整い、仕事のストレスを解消しやすくなります。

出典: どうして会社に行くのが嫌なのか? [ストレス] All About

2. 人との付き合い方、距離感が疲れの原因になっていないかチェック

「人間関係に疲れやすい自分」を直す4つのコツ

人間関係は刺激や安心の元でもある反面、気遣い、誤解、相性の問題など、精神的疲労の原因にもなります。気疲れせず、人と付き合うための4つのコツをお伝えします。

出典: 「人間関係に疲れやすい自分」を直す4つのコツ [ストレス] All About

人づきあいに必要な、精神的距離の保ち方

友だちやグループなど、仲の良い間柄がいつもストレス源になってしまう場合、精神的な距離の保ち方に問題があるのかもしれません。他人との適度な距離を保つための4つのヒントを紹介します。

出典: 人づきあいに必要な、精神的距離の保ち方 [ストレス] All About

3. 他人との「競争」に疲れていないかをチェック!

「私もあなたもOK」な人がストレスフリーな理由

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。意外な発想が不要なストレスをなくし、結果的に競争社会での勝利をもたらすメカニズムについてお伝えします。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

4. 「感情」を使う仕事で、精神的に消耗していないかチェック

「感情」を使う仕事につく人の「心」の守り方

サービス業、営業、教師、医療、介護など、感情を使って人に接する仕事につく人は、ストレスをためやすいものです。そうした「感情労働者」は、息切れせずに仕事を続けていくために、どんなことを気をつけるべきなのでしょうか?

出典: 「感情」を使う仕事につく人の「心」の守り方 [ストレス] All About